孟宗竹タケノコの水煮で作る 「メンマ」 作り方

料理

孟宗竹(もうそうちく)タケノコの水煮で作る「 メンマ」 作り方を知りたい方へ

本来メンマは、『麻竹(まちく)』と呼ばれる種類のタケノコを使うんや。

ただし、日本で一般的に流通したり採取されるタケノコは、『孟宗竹』なんや。
なので、その水煮を使って作るメンマの紹介になるで。

またメンマ本来の作り方である、発酵や乾燥といった面倒な工程を省いた、簡単な作り方になっているので良ければ参考にしてみてな。

スポンサーリンク

孟宗竹タケノコの水煮で作る 「メンマ」 作り方

材料

タケノコの水煮 700g位

唐辛子 2本ぐらい(お好みで)

ゴマ油 大さじ1(炒める用)

ゴマ油 大さじ1(仕上げ用)

砂糖 大さじ2

水 タケノコが浸る位

醤油 大さじ4~5(好みで調整)

鶏ガラスープ 1袋(4.5g)

黒コショウ(お好みで)

使うタケノコの水煮は、市販でも採ってきたものでも構わんで。

作り方

1.タケノコを切る

水煮のタケノコは食べやすい大きさに切りましょう。

2.炒める

フライパンにゴマ油を入れ、唐辛子ちぎってを入れて少し加熱します。

唐辛子の色が変わってきたら、タケノコの水煮を入れて炒めましょう。

3.味を付けて煮る

分量の砂糖と水を入れて少し煮ます。

2~3分煮たら、醤油と鶏ガラスープの素を入れて、水分が無くなるまで落し蓋をして煮詰めます。

砂糖を先に入れるのは、調味料の染み込みの関係やで。
詳しくは別記事を読んでな。

4.仕上げ

煮詰まったらザルなどにあげて、残っている水気を切りましょう。

水気が切れたら、油を使わずフライパンで炒めて余計な水分を飛ばします。

最後にゴマ油、黒コショウを加えて混ぜ合わせた完成です。

完成:孟宗竹タケノコの水煮で作る 「メンマ」

ピリ辛で、つまみに最適や。
普通のメンマよりは長持ちしないので、早めに食べてな。

今回は以上や。

タイトルとURLをコピーしました