「たぬきケーキ」作り方|生地・クリームのレシピと仕上げ(テンパリング)の方法

料理

「たぬきケーキ」を作ってみたい方へ

本記事では、「たぬきケーキ」の作り方を紹介しています。

何やら、「たぬきケーキ」なるものが流行っているらしいので、食べてみたいです。
近くには売っていないので、作れないのでしょうか?

作れるで。
意外と美味しくできたので、その作り方を紹介や。

工程は大きく分けて、
・スポンジ生地作り
・バタークリーム作り
・仕上げ(テンパリング)
で作れるで。

見た目もかわいい「たぬきケーキ」を作ってみたい人は、参考にしてみてな。

スポンサーリンク

「たぬきケーキ」作り方

「たぬきケーキ」とは、昭和に流行ったバタークリームを使い【たぬき】の形にしたケーキを、チョコレートでコーティングしたものや。

バタークリームを作らなければいけないので、意外と手間はかかるで。

材料

〈スポンジ生地〉

卵(全卵正味)320g

砂糖 135g

薄力粉 90g

本記事の作り方は、スポンジ生地を平面で焼いて、それを型で抜く方法や。

〈バタークリーム〉

無塩バター(常温に戻しておく) 100g

砂糖 50g

水40g

卵白 卵1個分

砂糖15g

本記事の作り方は、イタリアンメレンゲタイプと呼ばれる、バタークリームの作り方や。

形が崩れにくく、口当たりが軽いのでこれを使っているで。

〈テンパリング(仕上げ)〉

板チョコ 6枚

チョコペン(白・黒)各1ずつ

スライスアーモンド

テンパリングに使う板チョコの量は、gでいうと約300gやで。

〈スポンジ生地〉作り方

1.材料を混ぜる

卵と砂糖をボールに入れ、ハンドミキサーで泡立てます。

全体的に白くなり、ハンドミキサーを持ち上げて、落ちた生地の形がすぐに消えないようならOKです。

ザルなどで薄力粉を振るいながら入れます。

ゴムベラで切るように混ぜ、泡をあまり潰さないようにしましょう。

粉が混ざればOKです。

2焼く

クッキングシートを敷いた鉄板に、生地を流し込みます。

全て入ったら、鉄板を30㎝ほどの高さまで持ち上げ、平らな場所に落とします。

落とすのは、膨らみすぎを防ぐのと表面を滑らかに仕上げるのが目的やで。

190℃に余熱したオーブンで15分焼きましょう。

焼きあがったら鉄板から取りだし、冷ましておきましょう。

生地を鉄板から取り出しにくい場合は、端の部分を包丁などで1周切って、クッキングシートの両端を掴んで持ち上げれば綺麗に取れるで。

3.型で抜く

生地が冷めたら、丸い型で抜きましょう。

型がない場合は、空き缶などの両端を切り落としたモノでもええで。
ただし、切り口が危ないので注意な。

4.重ねる

くり抜いた生地の表面にジャムなどを塗り、もう1つの生地で挟みます。

塗るのはジャムでなくてもなんでもええで。
好みでやってな。

生地はこれで完成です。

〈バタークリーム〉作り方

1.混ぜる

常温に戻した無塩バターをボールに入れ、泡だて器でかき混ぜておきます。

別のボールに卵白を入れ、ハンドミキサーで泡立ててメレンゲにします。

泡立ってメレンゲになってきたら砂糖(15g)を1、2回に分けて加え混ぜ合わせます。

ハンドミキサーを持ち上げ、落ちた形がすぐに消えないようならOKです。

2.シロップづくり

砂糖(50g)と水(40g)を鍋に入れ加熱します。

温度計で計りながら118℃にします。

118℃になったら火から外しておきましょう。

なぜ118℃なんでしょう?

シロップの温度の目安は120℃前後と言われているので大体このぐらいの温度なんや。
普通の温度計では計れないので200℃計などを使ってな。

このシロップ作りが難しいかもしれんが、作る量が少ないので、温度が118℃になったら火から離せば大体いけると思うで。
まぁ大体でええよ、大体で。

created by Rinker
タニタ(Tanita)
¥1,381(2021/06/19 16:10:30時点 Amazon調べ-詳細)

3.合わせる

先ほどのシロップが熱いうちに、2.のメレンゲに入れます。

シロップを入れたら、ハンドミキサーですぐにかき混ぜましょう。

ちなみにこれが、イタリアンメレンゲと呼ばれるモノや。

次に、イタリアンメレンゲを1.のバターに加えます。(2~3回に分けて)

入れたら、ハンドミキサーですぐにかき混ぜましょう。

イタリアンメレンゲが全部入り、混ざればOKです。

絞り袋に入れて10分程冷蔵庫に入れておきましょう。

これでバタークリームは完成や。

仕上げ(テンパリング)方法

1.組む

完成したスポンジ生地の上に、バタークリームを絞ります。

次にヘラなどを使い表面を滑らかに丸めていきましょう。

絞り方はなんでもええけど、山になるように絞ってな。

これが、たぬきの顔になるのでうまく丸めてな。

丸まったら5分程冷蔵庫で休ませます。

2.テンパリング

チョコレート刻んでボールに入れておきます。

別のボールか鍋に50℃のお湯を入れ、そこにチョコの入ったボールをあて、湯煎してチョコを溶かします。

この際に、チョコのボールにお湯が絶対入らないようにしてな。
少しでも入ってしまうと、チョコがボソボソになってしまうので、実質テンパリングの失敗や。

チョコが溶けたら、1.にチョコレートをかけます。

なるべくチョコが全体にかかるようにすると綺麗にできるで。

3.仕上げ

まだチョコが固まらないうちに、綺麗に消毒した手でチョコがかかったバタークリームの部分をつまみます。

スライスアーモンドを刺して耳にしましょう。

ここまで出来たら、5分程冷蔵庫に入れてチョコを固めるとええで。

最後に、先程つまんだ部分に、白いチョコペンと黒のチョコペンで目と鼻を書けば完成です。

完成:再現!「たぬきケーキ」

おお。たぬきに見えますね。
今更なんですがなんで、たぬきなんですかね?

わからん。
ラッコの方が可愛いのにね。

…。

まぁこんな感じで「たぬきケーキ」を家で作ることができるので、良ければ作ってみてな。
今回は以上や。

タイトルとURLをコピーしました