「つわぶき」の煮つけの作り方

料理

「つわぶき」の煮つけの作り方が知りたい方へ

本記事では、「つわぶき」の煮つけの作り方を紹介しています。

田舎に住んでいて、実際に「つわぶき」を食べている行っている方法を紹介するで。

「つわぶき」は下処理が面倒なだけで、料理自体は簡単や。
良ければ参考にしてみてな。

スポンサーリンク

「つわぶき」の煮つけの作り方

材料

つわぶき 食べたいだけ

砂糖 適量

めんつゆ 適量

作り方

まずは、「つわぶき」を食べられるようにする、下処理が必要や。

「つわぶき」の下処理

下処理の方法は以下の通りです。

葉っぱの部分は食べれないので、取っておきます。

1.煮る

鍋に水と「つわぶき」を入れて、沸騰させます。

沸騰したら1分程煮ましょう。

1分程煮たら火を止め、お湯を捨て、水を入れておきます。

「つわぶき」あくが強いので、そのまま30分ぐらい水に漬けておくとええで。

水に漬けておく時間は、長い人もいれば、短い人もいるので何とも言えないが、ワイは30分ぐらい漬けておくかな。

2.剥く

「つわぶき」のスジを剥きましょう。

葉っぱがあった頭側からでも、根っこ側からでもいいので、スジを剥きます。

どちら側から剥いても剥けるけど、頭側から剥いていく方が綺麗に剥けると思うで。

「つわぶき」の煮つけ

下処理した、「つわぶき」を鍋に入れ、ヒタヒタぐらいの水、砂糖を入れて沸騰させます。

1~2分程煮たら、麵つゆを入れて味を整えます。

水分が無くなるまで煮たら完成です。

柔らかい食感と〈ふきのとう〉のような独特な香りと、ほろ苦い味が美味しいで!
個人的には〈ふきのとう〉よりも香りが強いような気がする。

良かったら作ってみてな。

今回は以上や。

タイトルとURLをコピーしました