「ハクメイとミコチ」|『リンゴのクッキー』を再現してみたレシピ

料理

読む癒しこと、樫木祐人さん作の漫画「ハクメイとミコチ」4巻第20話に出てくる『リンゴのクッキー』を再現してみました。

作中、サイモンの中で休憩中に食べている、ミコチが作ってきたやつですね。

食べてみたいです。

そ。

ちなみに相変わらず分量と作り方どころか、味、食感などの情報もほとんど作中にないので、あくまでこんな感じじゃね?というレシピになっている。

よければ参考にしてみてくれな。

また作中に一緒出てきた、『里芋のタルト』も別記事で再現しているので、良ければそっちも合わせて読んでみてな。

created by Rinker
¥614(2021/08/04 18:06:18時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

「ハクメイとミコチ」|『リンゴのクッキー』を再現してみたレシピ

「ハクメイとミコチ」4巻第20話に出てくる『里芋のタルト』。

アニメでは、9話に出てきます。

本レシピは、リンゴを砂糖と煮て、クッキー生地に混ぜ合わせて作ります。

食感は、柔らかいクッキーに仕上がります。

別記事で紹介している、『黒豆クッキー』の分量をベースに作っているんやが、水とリンゴの水分が加わるので、しっとりと柔らかい仕上がりになるんや。

美味しいので作ってみてな。

関連

材料

※直径5㎝型15枚分

無塩バター 50g(常温に戻しておく)

砂糖 50g(ふるっておく)

卵 1個

シナモン お好みで

薄力粉 120g(ふるっておく)

リンゴ 1/4個 (切っておく)

水 適量

リンゴの皮は剥いても剥かなくてもええで。
ただ皮を剥かない場合は、良く洗ってな。

本記事のリンゴの切り方は、1/4に切ったリンゴを縦に4分割し、そのあと厚さ1~2mm幅で横に切っているで。
まぁ、極端に厚いとか大きくなければ、切り方はなんでもええで。

作り方

1.リンゴを煮る

分量の砂糖1/4程をリンゴと鍋に入れ、水をリンゴが浸かるぐらい入れます。

鍋を火にかけ沸騰させましょう。

沸騰したら、弱火で水分がなくなるまで煮ます。

水分が無くなって煮あがったら、少し冷ましておきましょう。

2.材料を混ぜる

バターに残りの砂糖・シナモンを加えて、泡立て器などで混ぜ合わせます。

砂糖がある程度混ざったら、卵を加えて混ぜましょう。

先ほどの煮て冷ましたリンゴも加え、混ぜ合わせます。

混ざったら薄力粉を入れて、ゴムベラで切るように混ぜます。

2.生地を休ませる

平らな所にラップを敷き、そこに生地を置いて、上からラップをします。

麺棒などで、5mmぐらいの厚さに伸ばして冷蔵庫で10分ぐらい休ませましょう。

3.型で抜く

表のラップを剥がして、型で抜きましょう。

抜く場所がなくなったら、再びラップで生地を包んで丸めて伸ばして、型で抜きましょう。

生地が緩い場合は型で抜くのが難しいので、冷蔵庫に5分ぐらい入れて固めてから、型で抜けばええで。

ただし焼く前に少しおいて常温に戻さないと、焼き色にムラができてしまうので注意な。

4.オーブンで焼く

190℃に余熱したオーブンで、15~20分程焼きます。

焼き時間は、焼き色を見ながら調整してみてな。

完成:『リンゴのクッキー』

シナモンの風味とリンゴの香りはホントに合いますね。
クッキーは柔らかくて美味しいです。

クッキーうまい。

やろ。

シナモンは好みなので入れなくてもいいが、入れた方が美味しいとは思う。
まぁ自由にやってみてな。

今回は以上や。
良ければ参考にしてみてな。

タイトルとURLをコピーしました