「つくし」食べ方は?|下処理とレシピ栄養と毒性について

雑記

「つくし」食べ方について知りたい方へ

本記事では以下のような、

●「つくし」の食べ方は?

●「つくし」下処理の方法って?

●「つくし」の使った料理はどんなものがあるの?

●「つくし」の栄養は?

●「つくし」って毒あるの?

という、あなたの疑問を解決します。

田舎に住んでいて、「つくし」を収穫して食べているワイが教えたるで。

是非詳しく知りたいです。

スポンサーリンク

「つくし」食べ方は?

らっこックのブログ

「つくし」は全国に自生している植物で、畑、畝(うね)に生えていて食用になります。

スギナと呼ばれる植物の胞子茎が「つくし」です。

「つくし」が生え始めると、春が来たという感じやね。

確かに、春によく見かけますね。

でも「つくし」って食べるのに、どうしたらいいんですか?
下処理とかするんでしょうか?

下処理はあるが、特に難しくはないで。

「つくし」の下処理方法


1.はかまを外す

はかまと呼ばれる部分は食べられないので、外しましょう。

先っぽは食べられるんですか?

食べられるで!ワイはあまり食べないが、お好みでかまへん。

2.茹でこぼし

沸騰したお湯にを用意し、「つくし」を入れて、再沸騰させて、10~15秒位茹でましょう。

茹でたらザルに揚げ、お湯を捨てます。

茹でたお湯は捨て、新しく沸騰したお湯を用意して、「つくし」を入れて再沸騰させて、を繰り返します。

この一連の流れを、【茹でこぼし】という。
「つくし」はアクが強い植物なので、何回か茹でこぼしをすることで、アクやエグミ取りにつながるんや。

関連:

茹でこぼしが終われば、もう食べることはできるで。
あとは、好きな料理に使ってな。

ちなみに、天ぷらにする場合は、茹でこぼしはやらんでええ。

ふむふむ、具体的に「つくし」はどのような料理にするのがいいのでしょうか?

「つくし」を使った料理

「つくし」の代表的な料理は、以下のようになります。

■「つくし」の佃煮

■「つくし」の卵とじ

■「つくし」の天ぷら

■「つくし」の佃煮

茹でこぼした「つくし」を、めんつゆと砂糖で味を付けて煮ます。

ほろ苦く、とてもご飯に合うで。

作り方:別記事

■「つくし」の卵とじ

「つくし」の佃煮を卵でとじたものです。

「つくし」の苦みが苦手な人はこっちの方が食べやすいかもしれんで。

作り方:別記事

■「つくし」の天ぷら

袴を外して、茹でこぼしはせず、そのまま衣をつけて揚げます。

カリッと揚がった「つくし」はつまみにもええで。

作り方:別記事

「つくし」の栄養

「つくし」は意外にも、栄養が豊富です。

特に、脂溶性ビタミンであるビタミンE(α-トコフェロール量)は野菜の中でもトップクラスです。

「つくし」のビタミンEは、100gあたり4.9㎎や。
これはビタミンEが多いと言われるアボカドでも3.3㎎なので、「つくし」は非常にビタミンEが豊富と言える。

ちなみにビタミンEは、体内の活性酸素を取り除くなどの〈抗酸化作用〉として知られているで。

あんな細いのに、そんな栄養が!

そういえば、「つくし」には毒があると聞いたんですが、食べても大丈夫なんでしょうか?

それな。
確かに「つくし」には毒があるので、食べすぎには注意が必要や。

数値は、文科省:食品成分表データベース参照

「つくし」の毒性

「つくし」にはごく微量ですが、チアミノーゼ、アルカノイド、無塩ケイ素といった毒があります。

とは言え、本当にごく微量なので、物凄く大量に食べない限りは、まず気大丈夫だと思われます。

まぁ「つくし」食べて搬送されたなんて聞いたことないからな。
基本的には、大丈夫ってことや。

確かに。
とは言え、毒って聞くとなんとなく不安になりますね。

そやね。
なので、食べるにしても、物凄く沢山食べないで、小鉢ぐらいが無難ってことや。

また念のため、心臓・腎臓に疾患のある人、ニコチン過敏症の人などは食べないようにした方がええで。
無理して食べてもしょうがないからな。

食べる、食べない、食べる量などは自己責任でよろしくな。

今回は以上や。

タイトルとURLをコピーしました