「つくし」の佃煮と卵とじの作り方

料理

「つくし」の佃煮と卵とじの作り方を紹介しています。

田舎に住んでいて、「つくし」を毎年採って食べているワイが作っている方法を紹介するで。

「つくし」の佃煮と卵とじは、ほぼ作り方が一緒なので、まとめて紹介するで。

スポンサーリンク

「つくし」の佃煮と卵とじの作り方

材料

「つくし」の佃煮

つくし 食べたいだけ

砂糖 適量

めんつゆ 適量

「つくし」の卵とじ

つくしの佃煮 食べたいだけ

結局のところ、ここで紹介しているレシピは、佃煮の作り方に卵を入れるか入れないかの違いや。

作り方

「つくし」の佃煮

1.はかまを外す

はかまと呼ばれる部分は食べられないので、外しましょう。

先端部分も食べられますが、取っても取らなくてもどちらでもいいです。

2.茹でこぼし

沸騰したお湯に「つくし」を入れて、再沸騰させて、10~15秒位茹でましょう。

茹でたら、ザルに揚げお湯を捨てます。

再度、新しく沸騰したお湯を用意して、「つくし」を入れて再沸騰させて、お湯を捨ててを繰り返します。

この一連の流れを、【茹でこぼし】という。
「つくし」はアクが強い植物なので、何回か茹でこぼしをすることで、アクやエグミ取りにつながるんや。

3.味を付けて煮る

鍋に「つくし」、砂糖と水を入れて火にかけます。

沸騰したら、めんつゆで味を整えます。

1~2分程煮たら完成です。

完成:「つくし」の佃煮

ほろ苦く、とてもご飯に合うで。

ちなみに、卵とじにしたい場合は佃煮に卵を入れればええで。

つくし」の卵とじ

完成した佃煮に卵を入れて加熱します。

卵に火が通れば完成です。

完成:「つくし」の卵とじ

ようは、佃煮を作ってしまえば、卵とじにもできるということや。
良かったら参考にしてみてな。

今回は以上や。

タイトルとURLをコピーしました