「金柑の甘露煮」作り方|茹でこぼして砂糖入れて煮るだけ

料理

「金柑の甘露煮」の作り方を知りたい方へ

本記事では、「金柑の甘露煮」の作り方を紹介しています。

田舎に住んでいて、畑で金柑を育てているワイが、実際に作っている「金柑の甘露煮」の作り方を紹介するで。

とは言え、定番すぎる料理なのでレシピはグーグル先生いで調べればすぐに出てくるので、他のレシピと大差はないが、良ければ参考にしてみてな。

スポンサーリンク

「金柑の甘露煮」作り方

材料

金柑10個ぐらい

砂糖 金柑の重さの60~70%(本記事は60%)

水 金柑と同量

作り方

※ビンに詰める場合は、ビンは煮沸消毒しておきましょう。

関連記事

1.金柑を茹でこぼす

洗った金柑を鍋に入れ、水(分量外)を注ぎ、沸騰させます。

沸騰したら2~3分茹でて、お湯を捨て、再び水を入れて、沸騰させます。

これを、「茹でこぼし」と言って、金柑のアクやエグミ取りになっているんや。
やる回数は少なくて1、2回多くても4、5回やればええで。

やった回数によって金柑のアク、エグミは減るで。

めんどきゃやんなくてもええわ。
そんかわし多分苦い仕上がりになるで。

2.煮る

茹でこぼしが終わったら、鍋に砂糖と水を分量入れて煮ます。

煮る時間は、弱火で20分も煮ればいいです。

茹でこぼしを多く行っている場合は、金柑に火が通ているので、もう少し短い時間でもええ。

好みの硬さになるように、たまに様子を見ながら加熱してな。

完成したら、ビンに詰めましょう。

完成:「金柑の甘露煮」

風邪の時によく食べられる「金柑の甘露煮」の完成や。

金柑は、ビタミンCやカルシウムなども多く、シネフリンという酸味成分が気管支を拡張させ、のどの風邪にも効果があるとも言われているんや。
喉の調子が悪いときなどに作ってみてな。

今回は以上や。

関連

タイトルとURLをコピーしました