【料理初心者】向け魚料理|簡単に作れる「魚のホイル包み焼き」の作り方

料理

【料理初心者】でも作れる魚料理が知りたい方へ

本記事では、

●初心者でも作れる魚料理が知りたい!

●料理始めたばかりだけど、魚料理に挑戦したい!

●料理初心者でも作れる魚料理はないかなぁ?

というような考えのあなたに向けた記事になっています。

料理初心者の私でもできる魚料理が知りたいです。

共食い…。

とまぁ冗談はさておき、おけ。
料理のそこそこできるワイが、初心者でもできそうな魚料理を教えたるで。

今回は「魚のホイル包み焼き」や。
コツと合わせながら紹介していくで。

助かります。

スポンサーリンク

【料理初心者】向け魚料理|簡単に作れる「タラのホイル包み焼き」の作り方

このレシピの簡単なポイントは、

・切り身を使うことで、魚は捌かなくて済む。
・野菜もそんなに難しい切り方がない。
・火通しと味付けが、簡単

という感じや。
では材料と作り方や。

材料(1人前)

魚の切り身(本記事はタラの切り身)1~2切れ

ネギ 10㎝位

ブナシメジ 1/4房

シイタケ 1~2個(お好みで)

オリーブオイル 大さじ1位

塩・コショウ

使う魚は切り身にしてな。
種類は、鮭でも、タラでも、タチウオでも食べたい魚でやってな。
塩味のついているやつでも構わんで。


あと、アルミホイルも準備しといてな。

作り方

1.材料を切る

ネギは適当な大きさにきっておきましょう。

ブナシメジは、下の硬い部分(石突)を切って、ほぐしておきます。

シイタケも固い部分(石突)を切切り落として、食べやすい大きさにカットします。

材料の切る大きさって、どれぐらいにすればいいんでしょうか?

大きさはブナシメジの長さぐらいでいいんでね。

切り方はなんでもええが、材料の切る大きさは揃えることや。
理由としては火通しのムラをなくすのと、見た目問題やね。

まぁ、きっちりそろえる必要はないので、大体でええ。大体で。

2.ホイルに包む

ホイルの真ん中にオリーブオイルを流し、キノコ→魚→キノコ→ネギの順で重ねましょう。

あとは軽く塩・コショウをして、ホイルを適当に折って包み込みます。

後はホイルでちゃんと包まれていればOKや。

塩・コショウの加減が難しいという人は、この段階で何もしないで、後で食べるときに醤油やポン酢で食べるという方法でもええで。

3.焼く

フライパンにのせて、蓋をして中火(5)で加熱します。

魚の大きさにもよりますが、5~7分ぐらいそのまま加熱しましょう。

()の数字は、IHの強さ

フライパンに油は入れますか?

いんや。
直接焼くわけじゃないから、入れんでええで。

とりあえず中火で5~6分加熱して、一度開けてみて魚が生じゃなければOKや。
生ぽかったら、もう一度閉じて、1~2分同じ火力で加熱してな。

完成:「魚のホイル包み焼き」

魚がふんわりに仕上がっていて、野菜のエキスと合わさって美味しいです。
アルミを破いて食べなければ、片付けが楽なのもいいですね。

結構簡単にできますね。

そやろ。
これなら料理初心者でも簡単にできるはずや。

今回は以上や。

タイトルとURLをコピーしました