「目玉焼き」カリカリに仕上げる4つのコツ

料理

「目玉焼き」をカリカリに仕上げるコツを知りたい方へ

カリカリの「目玉焼き」を作りたいのですが、うまくできずに困っています。
何かコツなどがあれば教えていただきたいです。

おけ。

ほぼ毎日半熟目玉焼きを食べているワイが、失敗しない「目玉焼き」をカリカリに仕上げる4つのコツを紹介するで。

本記事ではカリカリの「目玉焼き」に仕上げるための4つのコツを紹介して言います。

「目玉焼きを」カリカリに仕上げたい方は参考にしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

「目玉焼き」カリカリに仕上げる4つのコツ紹介

「目玉焼き」をカリカリに仕上げるコツは、以下4つです。

①最初は強火

②蓋を使わない

③水を使わない

④弱火で加熱

です。

ではその点をふまえて、作り方を解説していきます。

カリカリ「目玉焼き」作り方

1.フライパンをよく温める

フライパンに油をなじませ、強火(8)で1、2分ほどよく温めます。

温まったら、卵を割り入れましょう。

2.蓋をしないで加熱を続ける

フライパンがしっかり温まっているので、入れたらすぐに白身の部分が白くなります。

強火(8)のまま1分ほど、加熱します。

この際、蓋はせず、水も入れません。

3.火加減を弱めて加熱

1分ぐらいして、裏面が少し固くカリカリになり始めたら、火を弱火(2)にしましょう。

あとは、そのまま5分ほど加熱します。

裏面がカリカリになっているのを確認し、黄身が好みの具合になったら、皿に盛りましょう。

完成:カリカリ「目玉焼き」

しっかりとカリカリに仕上がっています。

そやろ。

最初に強火でよく温めたフライパンに卵を入れることで、瞬時に卵を焼き固め、水と蓋を使わにことで余分な水分を減らすことができるんや。

皆もよかったら参考にしてな今回は以上や。

タイトルとURLをコピーしました