「筋トレが続かない」人向け|筋トレを続けるために知っておくべき5つのコツ

雑記

「筋トレが続かない」で悩んでいる人へ

この記事を読んでくれている方は、例えばこんなことはありませんか?

●筋トレをやると2、3日は続くけど、1年や2年など長く続かない。

●筋トレを始めたけど、忙しさを理由にすぐにやらなくなってしまった。

●今日は疲れたから筋トレ明日やろうと思い、ズルズルと先延ばしにしている。

と言った感じで、何かしら理由をつけたりして、筋トレが結局続かなくてやめてしまうこと、あると思います。

わかります。

特に夏の前とか、頑張って腹筋割ろうと筋トレしたりするんですが、続かないんですよね。

そやねん、筋トレってなかなか続かないのよね。

だが、大丈夫!ワイも最初はそんな感じだったが、今では筋トレは継続3年目や。

なので今回はワイが、どのようにして実際継続できるようになったか、コツを5つにまとめて解説するで。

おっ。それは、気になります。

スポンサーリンク

「筋トレ」を続けるための効果のある5つのコツ

本記事で紹介するコツは、個人的に効果のあった5つのコツです。

万人に効果があるとは限りませんが、「筋トレ」を頑張って継続したい人は、是非参考にしてください。

1.目標ハードルを極端に下げ、筋トレに取り掛かりやすくする

まずは目標ハードルを極端に下げ、筋トレに取り掛かりやすくすることがとても重要です。

例えば、

●毎日腹筋1回やるぞ!

●今日は、腕立て、腹筋、背筋1回ずつやるぞ。

というように極端に、目標ハードルを下げて行います。

ただし、きっちりそれで終わる必要はありません。

多くできるなら、そのままやりましょう。

これ意味あるんですか?こんな回数で。

案ずるなナマモノよ。1回は1回やし0回は0回や。

しかもこの方法は、回数自体はあまり問題ではない。

筋トレに取り掛かりやすくするというのが目的で、とにかくやりさえすれば人間は【作業興奮】という便利なものがあるので、それを利用するのが目的なんや。

作業興奮を利用

簡単にいうと【作業興奮】とは、物事をやり始めると、やってるうちにやる気や・集中力が出てくるという仕組みです。

だから、目標ハードルを極端に下げて筋トレをしやすくしていたんですね。

そういうことや。

そして、脳の抵抗も最小限になる。

脳の抵抗最小限に

そもそも人間の本能は、大昔の狩猟時代の流れから、危険から身を守るために変化を嫌います。

新しいことをやるのは、心地のいい空間(コンフォートゾーン)から外に出る行為なので、危険を要することのため、脳がやらないように抵抗してきます。

なので、新しいことをしたがらないのです。

そのため最初から大きな目標を立てると、それは自身への生活の大きな変化になると感じるので、脳がやらないように強く抵抗してきます。

しかし、小さな目標なら、小さな変化なので、脳の抵抗も最小限になると考えられるので、筋トレに取り掛かりやすくなるのです。

そういうことなんですね。

なので、まずは自分の目標を見直して、目標ハードルを極端に下げて、筋トレに取り掛かりやすくしてみてくれ。

2.筋トレ動画を見ながら一緒にやる(YouTube)

自宅で筋トレをする際に、「筋トレ動画を見ながら一緒にやる」というのも有効です。

自宅で筋トレをする場合、基本的には一人です。

同じ筋トレメニューを、ひたすら一人でこなせるなら良いですが、それができない人も多いと思います。

筋トレ動画を見ながら一緒にやることで、色々な種類のトレーニングを知ることがでます。

中には、一緒にやりましょう!という動画や、時間(3分でとか、2分30秒だけ)とかいうのもあるので、そこまでハードルが高くなりません。

またこの方法には他にもメリットもあり、

●動画が色々あるので飽きにくい。

●プロのトレーナー、ボディービルダーの方などの動画もあり非常に参考になる。

●正しい筋トレ方法が身に付き、効率アップに繋がる。

などのメリットもあります。

この方法も非常に有効で、鍛えたい部分があったら検索をかけて、とりあえずやってみるだけでもええで。

その中で、続けられそうな動画をマイリスなどに入れておいて、今日はこれ見ながらやろう!とすると、筋トレが継続できるで。

オススメのチャンネルはあるんでしょうか?

あるけど、それは、別記事にまとめておくから、ちと待ってな。

3.習慣化

筋トレを継続する上で有効なのは、「習慣化」です。

それができないから困っている!と思いますでしょうが、「習慣化」にもコツがあります。

というのも「習慣化」するには、

●目標のハードルを下げる

●3週間以上継続

が重要です。

「目標のハードルを下げる」ついては、先ほど1で説明した通りです。

では、〈3週間以上継続〉はどうすればいいのか?

結論から言うと、こればかりは続けるしかないです。

というのも「習慣化」には、時間がかかります。

一般的には、早くて3週間、遅くて2~3カ月続けないと習慣化しないと言われています。

なので最低限3週間は続けないと習慣化が難しいです。

3週間。なかなかかかりますね。

でも、1.目標を完全に下げた回数や、2.動画を見ながらなら筋トレなら、できそうな気はします。

そやろ。

しかも、ちゃんと続けていればどこかで、やらないとなんか変!というタイミングがくるから、それはもう習慣化できているってことや。

あえて続けようと意気込まなくても大丈夫になってくるんやで。

なるほど。

確かに筋トレを習慣化できればこっちのもんですね。

4.結果を急がない

筋トレに限らず言えることですが、結果はすぐに現れません。

例えば、

●2週間腹筋続けてるのに全然割れないからや~めよ。

●1週間ダンベルやったけど、上腕二頭筋太くならないから、もういいわ。

など。

過去の自分もそうでしたが、目に見えた結果が得られないので、やめてしまったことあると思います。

しかし、せいぜいすぐ出る結果は、筋肉痛ぐらいです。

周りからも気づかれるぐらいに体が変化するには、約2か月ぐらい要すると言われています。

なので、結果はすぐに出ないということを理解しておくことが、重要になります。

確かにわかります。

結果が出てるのか、出てないのかわからない状態だと時間の無駄に感じてしまって、やめてしまうんですよね。

そやねん。

だが裏を返せば、結果はすぐに出なくても後々出るということや。

だから結果は後からついてくると理解して、今はやれることをやる、ということやね。

5.休みを習慣化しないように気を付ける

最後に知っておきたいのは、休みです。

休みは当然取っていいです。

ただし休みやが、習慣化するのは避けましょう。

1.で説明した通り、人間は変化を嫌います。

休んでいる状態は、筋トレをしない、いつもの自分=心地のいい空間です。

なので、脳としてはこれを維持しようとしてきます。

そのため、休み続けるのが習慣になってしまう可能性があるので、長く休みを取るのは気を付けましょう。

この対策としては、ワイの場合は鍛える部分を分散しているので、今日は肩、次の日は腹筋、次の日は腕と、筋トレ自体をやらない日がないように、ローテーションで回しているで。

もしくは休む日でも、何かしら1・2回筋トレをするという方法も有効や。

ふむ。

休もうとする脳に、筋トレが習慣だよ!と刷り込むわけですね。

そやね。

我々が目指すのは、筋トレを継続することや。
くれぐれも休みが習慣化しないように、休み方も気を付けてみてくれ。

まとめ

「筋トレが続かない」で悩んでいる人が継続するコツは、

1.目標ハードルを極端に下げ、筋トレに取り掛かりやすくする

2.筋トレ動画を見ながら一緒にやる(YouTube)

3.習慣化する

4.結果を急がない

5.休みを習慣化しないように気を付ける

以上がワイが筋トレを続けられるようになったコツや。

筋トレに限らず物事を続けるのは難しいけど、よかったら試してみてくれ。

では、とりあえず毎日腕立て1回から始めたいと思います。

おう。頑張ってな。
今回は以上や。

タイトルとURLをコピーしました