「片付けながら料理する」コツとメリットについてわかりやすく解説

料理

「片付けしながら料理する」コツ・メリットを知りたい方へ

皆さんは、片付けながら料理できますでしょうか?

料理に慣れている人は皆さんできますが、実はこれよくよく考えると難しいです。

特に料理を始めたばかりの人や、独学で料理を学んだ場合、「片付けながら料理」するタイミングが、わかりにくいかもしれません。

というのも、ワイも、元々料理を本格的に学校に行って学ぶまでは、これができなかったんや。
どのタイミングで片付ければええねん!最後でよくね?という感じでな。

そんな過去があったんですね。
今となっては片付けながらやっていますが。

そやねん。
ただ結局のところ、片付けながらやった方が、実はいくつか良いことがあるねん。
なので今回は、この「片付けながら料理する」コツとそのメリットについてわかりやすく解説するで。

スポンサーリンク

「片付けながら料理する」コツ

まずは、どのタイミングで片付けをすればいいのか、自分の行動を思い返してまとめてみました。

1.作業の切り替わりごとに片付けをする

基本的には、このタイミングで片付けをすると良いです。

例えば、〈野菜炒め〉を作る場合、

①野菜を洗う、切ってボールに入れる

②使った、まな板・包丁を洗って片付ける

③フライパンで炒める

※できるなら炒めてる間、野菜の入ってたボールを洗う

④味を付けて盛り付ける

⑤使ったフライパン・菜箸(ボール)を洗う

というように、作業が終わって、次の作業に入る前に片付けをして、次の作業に移るようにしましょう。

これは、自分1人で料理するでも、現場(料理の仕事)のやり方でも、基本的には変らんで。
ただし現場によっては、臨機応変に対応する必要があるので、多少変わるけどね。

2.手が空いたら片付けをする

次のコツは手が空いたら片付けをするです。

仕事の場合、自分がまかされた作業が終って次の作業をするまでに、ちょっとした手が空く瞬間があります。

これはチャンスです。

洗い物をしたり、使っていないモノを片付けましょう。

ちなみに片付ける際は、当たり前ですが、元の場所に戻します。

現場の場合は特に気をつけましょう。

また一人で料理してる場合も、作業の区切りごとに片付けができていないなら、どこかで手が空く瞬間がやってくるので、そこで片付けをしましょう。

どうしても忙しくて、作業の区切りで片付けができていない場合は、手が空いた瞬間に片付けるってことやね。

3.待ち時間に片付けをする

鍋で、煮込んだり、フライパンで焼いたり、オーブンに入れたりすると、仕上がるまでの待ち時間が発生します。

この間は絶好の片付けタイムです。

できあ上がるまでに片付けをして、次の準備をしておきましょう。

現場の場合も状況にはよりますが、やることが無いなら片付けをしましょう。

特に煮込んだりする場合や、タイマー付きの器具で加熱する場合は、ずっと見ている必要が無いので、片付けチャンスやね。

「片付けながら料理する」メリット

片付けるタイミングがわかった所で、今度は「片付けながら料理する」ことで、どんなメリットがあるか知っておきましょう。

1.効率がいい

実は、「片付けながら料理する」ことは効率が良いです。

片付けながら料理をするとで、後で片付けるのが面倒ではなくなります。

自分もそうでしたが、料理を優先したいので、片付けを全て後回しにして溜めておくと、後々洗い物の量が沢山になります。

料理が終わったというのに、片付けがこんなに残ってる!というような事態になります。

沢山片付けが残っていると後で片付ければいいと思い、放置にも繋がるので、あまり衛生的とも言えません。

なので、少しづつ片付けながら料理することで、最後に沢山の洗い物をするような事態にならず、料理が終わったと同時に、片付けもほぼ終わってる状態になるので効率が良いです。

片付けに限らず、面倒なことほど後回しにせず、先にやっとけってことやね。

2.作業スペースの確保につながる

家庭であれ、現場であれ、すごく広いキッチンなら良いですが、キッチンは使えるスペースが基本的に限られています。

特に凄く狭いようなキッチンでは作業スペースが限られすぎて、片付けならが料理しないと、まずできません。

「片付けながら料理する」ことで作業スペースが確保できて、のびのびと料理に集中することができます。

作業の邪魔になるようなモノは基本置かない!使ったらすぐしまう!などを心がけると、自ずと「片付けながら料理する」ができるようになるで。

3.衛生的

衛生面でも「片付けながら料理する」は重要です。

「片付けながら料理する」ことは衛生面の向上にも繋がります。

使ったモノなどがゴチャゴチャしたところで料理をすると、異物が入る可能性も高くなります。

またオープンキッチンなどの調理場が外から見えるような場合、色々なモノが置かれていたりする中で作られた料理よりも、綺麗に片付けながら作られた料理の方が、同じ味でも後者のほうが印象は良いです。

確かに、改めて言われてみるとそうですね。

そやろ。故に片付けながら料理をすることは、メリットがあるねん。

以上が「片付けながら料理する」コツとメリットや。

最初はなかなか難しいかもしれないけど、片付けを料理工程に入れるように意識するだけで、結構違うからやってみてな。
今回は以上や。

タイトルとURLをコピーしました