どっちがオススメ?「田舎暮らし」「都会暮らし」の違いまとめ!!

雑記
James WheelerによるPixabayからの画像

「田舎暮らし」と「都会暮らし」の違いを知りたい方へ

本記事では、「田舎の暮らし」と「都会の暮らし」の違う所をまとめてみました。

今後、

都会⇒田舎

田舎⇒都会

のどちらかの移住をお考えの方は参考にしてみて下さい。

実家は田舎、数年前まで都会で働いていて、現在は田舎(実家)に住んでいる、どちらも住んだことのあるワイが、違いを紹介するで。

どちらかに移住を考えているなら、読んでおいて損はないと思うで。

ちなみに、ワイ個人の結論としては、「都会暮らしの」方がオススメや。
ただし、どちらも良い点・悪い点は存在する。

また、ワイの過去に住んでいた情報を元に記事を作成しているので、必ずしも全て当てはまる訳ではないので注意してな。

スポンサーリンク

「田舎暮らし」「都会暮らし」の違いまとめ!!

■買い物

Steve BuissinneによるPixabayからの画像

〈都会〉

お店は沢山あります。

専門店からディープな店まで様々です。

欲しい物は大体手に入るので、生活は便利です。

〈田舎〉

お店は限られているので、特殊な物は手に入りずらいです。

人が少ないため、営業時間も短い場合があります。

しかし、特にこだわりがなければ生活することは全然可能です。

通販なども今では発達しているので、うまく使えば不便さは減ります。

■医療

ParentingupstreamによるPixabayからの画像

〈都会〉

大体どこにでも、病院はあります。

数が多いので、自分に合う病院を探すという選択もできます。

ただし病院数が多いので、決めるのに困る場合もあります。

また緊急の場合、救急車の到着までの時間は、都内では平均:7分2秒(平成30年:東京消防庁の情報)となっているので、割とすぐ来る感じです。

〈田舎〉

近くにある病院だと、診療所のような所が多く、大きな総合病院は遠い場合が多いです。

自分に合う病院や、特殊な治療の場合は、遠出する場合が出てきます。

救急車の到着も、地域によってムラがあります。

また、緊急時も来るまでに時間がかかったり、搬送先が大きな病院になるような場合は、1時間位かかる場合もあります。

ただし、田舎は開けた場所が多く、ドクターヘリが来れるので、短縮は可能です。

■ネット・電波

nvtrlabによるPixabayからの画像

〈都会〉

ネットの回線は、光、ケーブルテレビなど色々選べます。

賃貸の場合も、付いている場合が多いです。

スマホ・携帯の電波は、入らない所の方が珍しいです。

ポケットWi-Fiなどの電波も大体入ります。

また飲食店、ホテルなどでも、フリーWi-Fiが飛んでいるのが大半です。

〈田舎〉

ネット回線は今となっては光ですが、数年前までは普通にADSLでした。

ネット環境は1度調べておいた方がいいと思います。

賃貸の場合でもついていない場合が多く、個人で引く場合が多いです。

キャリア携帯・スマホでも、電波の入りが悪い地区は存在します。

ポケットWi-Fiは基本的には基地局が無く、使えないと思った方が良いです。

また飲食店、ホテルなどでもフリーWi-Fiが飛んでいるのが少ない気はします。

■お金

〈都会〉

家賃相場は、田舎に比べると高いです。

光熱費は、さほど田舎と変わりませんが、ガスは都市ガスだと安いです。

給料などは、田舎に比べると高いです。

娯楽など、誘惑するものが多いので、出費はコントロールしましょう。

〈田舎〉

都会に比べれば全然安いです。

3万円代で1LDKとか2LDKとかもあります。

また空き家は多いので、地元の方にコネがあるなら、交渉すれば1軒家を安く借りれる場合もあります。

光熱費は、さほど都会と変わりませんが、ガスはプロパンが主流なので、都市ガスに比べると割高です。

■情報

Paul SteuberによるPixabayからの画像

〈都会〉

最先端のモノ、流行、ブームは、大体が都会を中心に広がります。

ネット以外の情報でも、色々と人が多いので、様々な情報を耳にします。

また広告などの媒体も多く目にするので、情報は都会の方が早い気がします。

〈田舎〉

最先端のモノ、流行、ブームが来るのが都会に比べると遅い気はします。

ネットで得られる情報は変わりませんが、流行っているモノ、特にテクノロジー関連の発展や情報は非常に遅いと思います。

■学校

〈都会〉

学科・学校・部活の選択肢は多いです。

ただし競争率も高いです。

通学は、インフラの整備が進んでいるので、満員電車などのストレスを除けば、便利です。

〈田舎〉

学科・学校・部活動の選択肢に限りがあります。

生徒数が減ってくると、部活動は団体競技ができず、個人競技の部活しかない場合もあります。

学校行事もしかり。

可能性がある若い時期に選択肢を狭めて、可能性を伸ばせてあげられないという問題が生じる場合があります。

また田舎は人数が少なくなり、過疎化が進んでいます。

よって、閉校するところが多く、近くに学校がないので、小学校の時から路線バスで通学なんてことはザラです。

高校になると下宿か一人暮らしか、一緒に引っ越すパターンが多いです。

バスで何時間もかけて通学する人も中にはいます。

ただし、満員電車のストレスはありません。

■習い事

Steve BuissinneによるPixabayからの画像

〈都会〉

大体の習い事を選ぶことは可能です。

〈田舎〉

選択肢は都会に比べると狭まります。

スポーツの習い事などは厳しいですが、学習面の習い事なら、オンラインを活用すれば不可能ではないです。

■人間関係

〈都会〉

賃貸で暮らす場合、住んでる人との繋がりはほぼないです。

隣に誰が住んでるかも知らない場合も多いです。

地区行事や自治会の参加もほとんどないです。

人間関係は、煩わしくはないですが繋がりは薄いです。

〈田舎〉

人との繋がりは濃いです。

色々気にかけてくれる人も多く、地域の人は大体みんな知ってるといった感じです。

ただし、噂なども広がるスピードも速く、自治会(区会・青年団・消防団など)や行事(お祭り)、などに借りだされる場合があります。

そういったのを望んでいない人には、結構煩わしく感じる場合があります。

■仕事

〈都会〉

選択肢は田舎に比べれば圧倒的に多く、賃金も田舎よりは高めです。

職場環境・人間関係も様々です。

〈田舎〉

仕事の選択肢は田舎に比べると少ないです。

賃金も都会より安い気がします。

ただし、都会に比べると結構のんびりしている人が多いので、ゆるいと感じる場合が多いです。

■自然

〈都会〉

田舎に比べれば少ないです。

緑がある場所も公園などの限られた場所になります。

街灯やネオン、ビルの灯りなどがあるので、星も見えない場合が多いです。

ただし、虫(蚊や蜂、ムカデ、Gなど)はあまり見かけないです。

〈田舎〉

自然は豊です。

海、山、川など昔ながらの日本の風景は残っています。

街灯りも少なく、空気も綺麗なので、星も綺麗に見える場合が多いです。

山の幸、海の幸などを楽しむことができます。

ただし、虫(蚊、蜂、ムカデ、Gなど)はよくいます。

まとめ

超大雑把にまとめると、
〈都会〉:選択肢が多い、自然は少ない。
〈田舎〉:選択肢が少ない、自然が多い。

という感じやね。

どちらがいいというのは個人も自由やけど、移住を考えていたいら上記のことは、最低限考慮しておいた方が後々困らないと思うで。

とはいえ、何も考えずに勢いで行くのもありや。
一度の人生、理想の生活をとことん追い求めてくれな。

今回は以上や。

タイトルとURLをコピーしました