「オゼイユ」とは?特徴・味・使い道について

料理

「オゼイユ」について知りたい方へ

「オゼイユ」というハーブを頂いたのですが、どうやって料理すればいいのでしょうか?
そもそも「オゼイユ」って何なのか知りたいです。

おけ。畑で「オゼイユ」を栽培しているワイが、特徴・味・使い道について教えるで。

本記事は、「オゼイユ」について解説しています。

「オゼイユ」とは何か知りたい人は、読んでみて下さい。

スポンサーリンク

「オゼイユ」とは?特徴・味・使い道について

■「オゼイユ」の特徴

「オゼイユ」とは仏名です。

日本の名前は「スイバ」と呼ばれます。

見た目はホウレンソウに似ていて、田舎では結構その辺に生えていたりします。

また、繁殖力も強く育てやすいです。

確かに言われていたら田舎だと、その辺に生えていますね。

やろ。結構その辺に生えてるのよ。都会では見かけたことないけどね。

■「オゼイユ」の味

「オゼイユ」の味は、とても酸っぱいです。

レモンのような酸味とは違い、独特な酸味を持っています。

また、フランスなどのヨーロッパで使われる「オゼイユ」は、マイルドな味に改良されたものが栽培されています。

生で食べてみましたが、ホントに酸っぱいですね。

やろ。
だが、この酸味が意外料理に使えるんや。

■「オゼイユ」の使い道

日本では昔、子供のおやつとしても食べられていました。

また、春先の新芽を摘んで、茹でてから水にさらし、お浸しや煮物として利用されます。

西洋料理、特にフランス料理では好んで使われ、クリーム系の「ソースオゼイユ」などは魚料理に使われることで有名です。

他にも、スープ、サラダ、ジャムなどにも使われます。

ただし、シュウ酸を多く含むので、食べすぎると〈下痢・嘔吐〉を催す場合があるので注意しましょう。

「ソースオゼイユ」何やら美味しいそうな響きです。

「ソースオゼイユ」は魚料理によく合うで。
特にサーモンと相性がええ。
ソースは意外と簡単に作ることが可能や。

ソースオゼイユの作り方:執筆中につき暫しお待ちを。

最後に

ふむ。「オゼイユ」について大体理解できました。
ソースに挑戦してみたいと思います。

皆も「オゼイユ」どこかで見かけたら一度食べてみてな。
今回は以上や。

タイトルとURLをコピーしました