「イノシシ皮」なめし方|子イノシシの皮を使ってミョウバンなめしする方法

雑記

「イノシシ皮」をなめしてみたい方へ

「イノシシ皮」を保存したいのですが、やり方がよくわからずに困っています。
「イノシシ皮」をなめして保存する方法が知りたいです。

このようなお悩みを解決します。

おけ。田舎に住んでて実際にイノシシの解体もやったことのあるワイが、子イノシシ皮をなめした方法を、写真付きで解説するで。

記事の内容は「イノシシ皮」のなめし方です。

子イノシシ皮をミョウバンなめしで、行っています。

皮なめしは正直、時間も手間もかかり大変です。

しかし、頂いた命を無駄にしないために、皮まで使ってあげたい人は参考にしてみて下さい。

本記事の内容は以下の通りです↓

子イノシシの皮を使ってミョウバンなめしする方法

子イノシシの皮のなめし方は、

洗浄⇒掃除⇒なめし液につける⇒乾燥

です。

詳しい手順、準備するものは以下の通りになります。

準備するもの

ナイフ

洗濯洗剤

〈なめし液に使うモノ〉

大きめの深い容器(今回は大きなバケツ)

水 4リットル

ミョウバン 100g

塩 160g

おもし

〈乾燥の際に使うモノ〉

画鋲もしくは釘

とんかち

方法

1.皮を洗浄

バケツなどに水を張り、そこに皮と洗濯洗剤を入れてよく揉み洗いします。

結構汚れているので、何回か水を替えながら洗いましょう。

次にホースジェットがある場合は、皮の毛の面を洗い流しましょう。

表面に付いた汚れ、ダニなどを落とす作業やね。

2.皮下脂肪を掃除

バケツを逆さまにして皮の裏面を上にしてのせ、腐る原因にもなる皮下脂肪をナイフを使い取り除きます。

白くブニュブニュした部分は脂肪なので全て取り除きます。

掃除後はこのようになります↓

この脂肪を取る作業は非常に時間がかかって面倒なので、頑張ってな。

3.なめし液につける

今回はミョウバンなめし法なので、ミョウバンを使用します。

ミョウバンはドラックストアにも売っています。

created by Rinker
大成薬品
¥990(2020/12/04 12:29:29時点 Amazon調べ-詳細)

皮が全体浸かる位の水量を準備し、そこに、塩、ミョウバンを入れてかき混ぜます。

皮をなめし液に漬け、水面に皮が出ないようにおもしをします。

1週間程漬けましょう。

その際、毎日1度は上下をひっくり返します。

4.乾燥

1週間程したら、皮を握るか、つねってみて、白い跡が残ればOKです。

干します。

乾燥する際は、毛面を表にして、大きめの板に打ちつけます。

皮は乾燥すると縮むので、しっかり打ちつけましょう。

風通しのいい所で日陰干しします。

3日位乾燥させたら、今度は裏面を乾燥させましょう。

5.完成

全体的に、水分が抜けカピカピになれば完成です。

結構時間がかかるんですね。大変そうです。
でも、頑張ってやってみたいと思います。

大変なんで頑張ってな。
できた皮は、新聞紙などに包んで保存すればOKやで。
好きなように加工してな。

今回は以上や。みんなも機会があったらやってみてな。

タイトルとURLをコピーしました