イノシシ料理|「子イノシシの肩ロースカツ」の作り方

料理

「子イノシシのロースカツ」のレシピです。

イノシシ肉は独特な臭みがありますが、子供のイノシシは臭みも少なく、柔らかいので美味しいです。

本記事では、子イノシシの肩ロースを使ったカツの作り方と、美味しい食べ方について紹介します。

田舎に住んでいて、実際にイノシシの解体を手伝ったことのあるワイが、子イノシシの美味しい食べ方を紹介するで。

「子イノシシの肩ロースカツ」の作り方

材料

子イノシシの肩ロース 食べたい分量

小麦粉 適量(卵1個に対し大さじ2位)

卵   

パン粉

塩、コショウ

キャベツ盛り合わせ用

作り方

1.肉を切って下味を付ける

肩ロースは、一口サイズの食べやすい大きさに切りましょう。

切ったら塩、コショウで下味をつけます。

2.衣をつける

本来のカツの作り方は、肉に小麦粉をつけ、次に卵、そしてパン粉なのですが、楽な方法をご紹介します。

まず、小麦粉と卵を混ぜ合わせます。

液に肉をつけ、

パン粉をつけましょう。

この方法だと、洗い物も少なくなり、一工程減るので、ちょっとした時短になります。

この方法は、ワイが働いてたことのある飲食店では、「ドロ」なんていわれていたで。
ちなみに仕上がりに違いはほとんどない。
楽してなんぼや。

3揚げる

フライパンに半分位油を入れ、180℃前後で揚げましょう。

揚げたら盛り付けて、完成です。

完成:子イノシシの肩ロースカツ

中まで火が通ているかわからない場合は、素直に切って中を確認するのがええで。
野獣肉の場合は、よく加熱してな。

「子イノシシの肩ロースカツ」の美味しい食べ方

好みの問題ですが、美味しいオススメの食べ方を紹介します。

それはです。

「カツ」だから、ソースじゃないの?とお思う方もいるかもしれませんが、勿論ソースでも良いです。

ただ、子イノシシとソースの風味が若干喧嘩をするのか、子イノシシのくさみが出ていまいます。

塩で食べると不思議なことに、子イノシシのくさみも無く食べられるので美味しいです。

野獣肉のような独特なくさみのあるモノは、シンプル塩が良いのかもしれません。

これは、あくまでワイの個人的な感想なので。もし、子イノシシのカツを食べる機会があったら食べ比べて見てくれ。

今回は以上や。
皆も「子イノシシの肩ロース」手に入ったら「カツ」にしてみてな。

タイトルとURLをコピーしました