「焚火台」で飯盒炊爨する方法とコツについて【焚き火調理】

料理

焚火台」で飯盒炊爨(はんごうすいさん)する方法を知りたい方へ

「焚き火台」を使って、飯盒でお米を炊く方法を知りたいです。
なかなか、うまくご飯が炊けずに困っています。
何かいい方法やコツとかは、あるのでしょうか?

このような、お悩みを解決します。

趣味がアウトドアのワイが、「焚き火台」を使って、実際に飯盒でお米を炊いている方法を紹介するで。

結論から言うと「焚き火台」での飯盒炊飯は、コツをつかめばできます。

本記事ではそのコツと注意点もふまえて、まとめてみました。

記事の内容は以下の通りです↓

「焚火台」で飯盒炊爨する方法

準備するもの

焚き火台

飯盒

米 1合

水 1合

ちなみにワイが使用している「焚き火台」は↓や。
安いのでオススメなのと、飯盒が乗るサイズやで。

created by Rinker
ウルトラスポーツ(Ultrasport)
¥2,041(2020/12/02 15:42:03時点 Amazon調べ-詳細)

やり方

1.米を研いで水に浸す

飯盒にお米を入れ、米を研ぎます。

2~3回位水を換えて、研ぎましょう。

米が研げたら、水200ml(1合)入れて、夏場は30分程、冬場は1~2時間程、置いておきましょう。

2.火にかける

「焚き火台」に薪をくべ、火を起しておきます。

火が強すぎる場合は、少し落ち着いたら飯盒を乗せましょう。

火力としては、炎が「焚き火台」の中で納まっている位ならOKです。

ちなみに、火を起すのが難しい!って人は、着火剤の代わりに「松ぼっくり」を使う方法もあるので、参考にしてみてな。
〈ゆるキャン△〉で使われていた方法や。

3.炊く

ここからは、状況を見て判断します。

①火にかけていると、湯気が出始めます。

火加減は強くする必要はありませんが、弱くなってきたら、1本位薪を足しておきましょう。

②しばらくすると、吹きこぼれてくるので、蓋が開かないように石などを乗せておきます。

少し薪を抜いたりして、火を弱めておきましょう。

③吹きこぼれが収まってくると、香ばしいニオイがして、飯盒からチリチリとした乾いた音がしてきます。

これが炊き上がりの合図です。

すぐに火から下ろして、10~15分は蒸らしましょう。

らっこックのブログ

完成:「焚火台」で飯盒炊爨したご飯

らっこックのブログ

ガス火と違って、火がかなり不安定なので、時間はあまりあてにはならんが、火にかけてから、下ろすまでが大体15分や。

香ばしいニオイがして、チリチリ音がし始めたら焦げる手前なので、火から下ろした方がええで。

「焚火台」で飯盒炊爨するコツ

コツは3つです。

1.米をしっかり水に浸す

2.ニオイと音で判断

3.蒸らす

1.米をしっかり水に浸す

これは飯盒炊飯に限らず言えることですが、研いだお米はしっかりと水に浸しましょう。

充分に水を吸わせることで、ふっくらとした仕上がりになります。

長く浸けすぎても、ベタつきのある仕上がりになるので、注意しましょう。

夏場は30分程、冬場は1~2時間程が目安です。

2.ニオイと音で判断

炊きあがりを判断するのに、この2つは非常に重要です。

ジュージューやグツグツ音がしている間は、水分がある音です。

基本的には、この音がしている間は焦げません。

チリチリとした音は、水分が無くなり焦げる一歩手前です。

この段階になると香ばしいニオイもしてきますが、そのまま火にかけているとすぐに焦げるので、火を弱めるか、火から下ろしましょう。

音を聞く場合は、耳を飯盒に近づけて聞くといいですが、火があるので注意してください。

焚き火は、ガス火と違い火の強さが一定ではないので、この2つで炊き上がりを判断するといいです。

3.蒸らす

火から下ろしたら、すぐに開けたい気持ちを抑えて10〜15分程置いておきましょう。

蒸らすことで、ご飯粒の水分が均一になります。

蒸らしが充分でないと、水っぽい仕上がりになるのでしっかり蒸らしましょう。

「焚火台」で飯盒炊爨する際の注意点

「焚き火台」で、飯盒炊爨する注意点を3点程まとめておきます。

1.「焚き火台」のサイズを合わせる

2.「焚き火台」は平らな所に置く

3.火の取り扱いには注意する

1.焚き火台のサイズを合わせる

「焚き火台」で飯盒炊爨をする場合、焚き火台は飯盒が乗るサイズのモノか、飯盒より大きめのモノを選択しましょう。

小さいと熱が均等にいきわたらず、ご飯の仕上がりがいまいちになってしまいます。

焚き火台は、様々なサイズや種類があるので、色々見比べてみるとええで。
オススメなメーカーはロゴスとかやね。

created by Rinker
ロゴス(LOGOS)
¥4,950(2020/12/02 15:42:03時点 Amazon調べ-詳細)

2.「焚き火台」は平らな所に置く

焚き火台を使用する際は、なるべく平らな場所を選びましょう。

飯盒を乗せて炊く場合は、傾いていたりすると、倒れるので危険です。

凸凹な所はできるだけ避けて、設置しよな。

3.火の取り扱いには注意する

火をおこす際は、必ず近くに水を確保しておきましょう。

「焚き火台」の規模なら、バケツ1杯の水で消せます。

また、周りに燃え広がるようなモノがない所で、焚き火を行いましょう。

焚き火禁止の場所では行わないように、マナーは守りましょう。

火は危ないから注意して焚き火しような。

※使用されている写真の「らっこック」は、この記事のために火の近くにいますが、安全に配慮して撮影しています。基本的には、火の近くに燃えやすいモノは置かないようにしましょう。

まとめ

●「焚火台」で飯盒炊爨する場合は、しっかりと水に浸した米を使い、音とニオイで出来上がりを判断して、しっかり蒸らす。

●「焚き火台」は飯盒のサイズに見合うモノを使い、平らな場所に設置する。

●火の取り扱いには注意する。

ふむ。では、安全に注意しながら、音とニオイに注目して「焚き火台」で、飯盒炊爨やってみたいと思います。

皆も「焚き火」で飯盒炊爨する際は、火の取り扱いに注意してやってな。
今回は以上や。

タイトルとURLをコピーしました