「ツルムラサキ」食べ方は?|茹で方・レシピ・栄養について

料理

「ツルムラサキ」の食べ方について知りたい方へ

「ツルムラサキ」の食べ方を知りたいです。
スーパーで見かけるのですが、どうやって食べるのかわからなくて、困っています。

「ツルムラサキ」の食べ方・レシピと、できれば栄養について知りたいです。

本記事では、このようなお悩みを、解決します。

おけ。料理歴の長く、栄養士の資格を持っているワイが、実際に「ツルムラサキ」を食べている方法を教えるで。
参考にしてみてな。

「ツルムラサキ」は意外とお手頃な値段の、野菜です。

あまり聞きなれないこの野菜、どうやって食べるのが良いのでしょうか?

結論から言ってしまえば、ほうれん草と同じような食べ方で構いません。

ただし、「ツルムラサキ」特有のネバネバ感もあるので、その点もふまえて食べ方を紹介したいと思います。

本記事の内容は以下の通りです↓

「ツルムラサキ」茹で方

まずは、「ツルムラサキ」の茹で方です。

料理にする際は、ほうれん草と同じように茹でてから使います。

方法は以下の通りです。

方法

1.お湯に入れる

たっぷりのお湯を沸かします。

塩をひとつまみ入れたら、「ツルムラサキ」を茎側から入れます。

たっぷりのお湯で茹でる理由は、
お湯に野菜を入れると温度が下がるのを防ぎ、酵素などによって変色するのを防ぐためやで。

2.茹でる

菜箸などを使い、全体をお湯に浸します。

常に沸いてる位の火加減にして、1~2分程茹でましょう。

茎が柔らかく、全体がしなっとすれば、OKです。

3.冷却

茹で上がったら、氷水に入れて冷やします。

氷水に落とす理由は、茹で上がりの色を綺麗にするためや。
温度差があるほど綺麗に仕上がるので、氷水を使うんやで。

4.絞って、切る

氷水から取り出し、水気を絞ります。

食べやすい大きさに切って、料理に使いましょう。

「ツルムラサキ」レシピ

「ツルムラサキ」は、独特なネバネバ感もあります。

ネバネバ感という点では、〈モロヘイヤ〉も似ていますが、「ツルムラサキ」は、あまりクセが無いのでどんな料理にも合います。

本記事では2点、「ツルムラサキ」のレシピを紹介します。

・「ツルムラサキのおひたし」

・「ツルムラサキの和風パスタ」

・「ツルムラサキのおひたし」

〈材料〉1人前

茹でたツルムラサキ 小鉢1皿分

麺つゆ 小さじ1

水 小さじ2

かつお節 適量

胡麻 適量

〈作り方〉

茹で上げて、切ったツルムラサキを小鉢に入れます。

そこに、麺つゆ、水、胡麻を加えて、混ぜ合わせます。

最後にかつお節をちらせば、完成です。

完成:ツルムラサキのおひたし

下茹でをしてしまえばできるから、非常に簡単やで。

・ツルムラサキの和風パスタ

〈材料〉2人前

スパゲッティ 200g

ツルムラサキ 入れたいだけ

ベーコン 3枚

小ネギ 2本位

バター 適量

しょうゆ 適量

かつお節 適量

〈作り方〉

コチラも、下茹でした「ツルムラサキ」を使うんやけど、詳しい作り方は長くなってしまうので、別記事に書いてあるからそっちを読んでな。

「ツルムラサキ」の美味しい食べ方なので、是非やってみてな。

「ツルムラサキ」の栄養

「ツルムラサキ」の栄養の特徴は、大体以下の通りです。

●カルシウムやマグネシウムなどの、ミネラルを多く含む

●βカロテン

●ビタミンCも多い

カルシウム

「ツルムラサキ」100gあたり、カルシウムを150㎎含んでいます。

似た野菜のほうれん草は、100gあたり49㎎のカルシウムの量なので、ツルムラサキは約3倍のカルシウムを含んでいることになります。

マグネシウム

代謝作用全般に必要な栄養素の、マグネシウム。

「ツルムラサキ」はマグネシウムも多く、100gあたりのマグネシウムの量はの、67㎎。

マグネシウムの多い野菜の落花生でも100㎎なので、わりと豊富なマグネシウムを含んでいます。

βカロテン

抗発酸化作用や、体の老化を抑え、動脈硬化・ガンなどの予防にも効果があると考えられている、βカロテン。

水には溶けないが油に溶けやすい性質なので、油と調理することで効率よく摂ることができます。

「ツルムラサキ」100g当たりの、βカロテン総量は3000µg含んでいます。

ビタミンC

抗酸化作用、アンチエイジングに有効と言われている、ビタミンC。

「ツルムラサキ」のビタミンCの含有量は、100gあたり41㎎。

イチゴ100gあたり62㎎なので、野菜としては多い方。

※数値は、文部科学省日本食品標準成分表2015年版(七訂)を参照

ふむ。なるほど。
「ツルムラサキ」の食べ方、レシピ、栄養がわかりました。
これで大丈夫です。

わからない食材は手を出しにくいからね。
今回は以上や。みんなも「ツルムラサキ」食べてみてな。

タイトルとURLをコピーしました