「白ナス」のレシピ|とろける美味しさ!〈白ナスの肉巻き〉の作り方

料理

「白ナス」のレシピを知りたい方へ

白いナスを、知っていますか?

ヨーロッパ系の品種で、「ホワイトベル」とも呼ばれます。

結構珍しい野菜です。

本記事では以下のようにまとめてあります。

白ナスのレシピ「肉巻き」の作り方

白ナスの調理のコツ

白ナスの味・栄養

白ナスのレシピや味・栄養などについて知りたい方は、読んでみてくください。

☆レシピの由来

実際に畑で「白ナス」を育てたワイが、色々食べ方を試した結果、一番美味しかった「白ナス」のレシピを伝授するで。

白ナスのレシピ「肉巻き」の作り方

材料

白ナス 1本

豚肉(薄切りロース)10枚位

こしょう

バター(無塩)適量

作り方

1.白ナスの下処理

白ナスは皮を剥いておきます。

皮は残さず剥きましょう。

皮を剥いたら、1㎝幅位に切っておきます。

切ったら、少し水に浸しておきましょう。

2.軽く素揚げする

白ナスはザルなどに揚げ、水気を切っておきましょう。

フライパンに多めの油をひき、温めておきます。

白ナスを入れ、素揚げしましょう。

ひっくり返しながら、両面揚げます。

白ナスが柔らかくなったら、キッチンペーパーを敷いた皿に、あげておきましょう。

3.肉を巻く

揚げた白ナスが、持てるぐらいまで冷めたら、肉を巻いていきましょう。

肉が巻けたら、両面に塩・胡椒を振ります。

4.焼く

フライパンにバターを入れ、加熱します。

バターが溶けたら、巻いた肉のつなぎ目がある面を下にして、焼きます。

色が付いたらひっくり返し、両面しっかり焼きましょう。

完成:白ナスの肉巻き

白ナスがとろける柔らかで、豚肉の旨味も合わさって、とても美味しいで!

タレは何でもええけど、個人的には[わさび醤油]がオススメや

白ナスの調理のコツ

白ナスを調理する際のコツは2点程です。

皮をしっかり剥く

ちゃんと火を通す

です。

●皮をしっかり剥く

白ナスは皮つきでも食べることは可能です。

しかし、加熱するととても柔らかいので、皮があると、異物感が多少気になります。

白ナスの皮を完全に剥ききってしまっても、身が崩れることはあまりないので、個人的には綺麗に剥くことをおススメします。

●ちゃんと火を通す

白ナスは、生でも食べられなく無いです。

ただ、しっかり加熱することにより、柔らかく、とろける食感になるので、オススメです。

上記の肉巻きのレシピで1度素揚げしている理由は、生の状態の白ナスに肉を巻いて焼くと、火が中まで通りにくいからです。

白ナスの中心部まで加熱できていないと、周りが柔らかく、中心が硬い仕上がりになってしまうので注意しましょう。

白ナスの栄養・味

白ナスの栄養

普通の一般的なナス(紫ナス)には、「ナスニン」という栄養素が含まれています。

ナスニンは、抗酸化作用、発がん予防、高血圧や動脈硬化を予防する効果が期待できる、と言われています。

しかし、白ナスには、ナスニンは含まれていないので、栄養面は、紫ナスに劣ってしまいます。

白ナスの味

味の特徴としては、普通のナスより、香りが少なく淡泊です。

ただし、加熱するとトロトロになるので、柔らかくて、とても美味しいです。

食べる際は、加熱するのがオススメです。

今回は以上や。
白ナスの、トロトロ具合は一度味わってみてくれ!とっても美味しいで!!

タイトルとURLをコピーしました