「カマス」刺身の作り方と「カマス」の刺身を美味しくする

料理

「カマス」を刺身で食べたい方へ

「カマス」の刺身を食べたことが、ありますか?

実は、あまり知られていないのですが、「カマス」は刺身で食べることが可能です。

しかも、とても美味しいです!!

●「カマス」を刺身にする方法は?

「カマス」の刺身の美味しい食べ方が知りたい!

●「カマス」は刺身食べても大丈夫?

このようなお悩みを解決します!

本記事の内容は以下の通りです。

1.「カマス」の刺身作り方

2.「カマス」の刺身に手を加えて美味しくする方法

3.「カマス」を刺身で食べる際の注意点

4.「カマス」の刺身を作る際にあると便利な道具

☆レシピの由来

海辺に住んでいて漁協権を持ち、釣ったり、捕まえた魚を実際に食べているワイが、美味しく食べる方法を紹介するで!

※注意として、どんな魚でも言えることですが、市販のお魚を捌いて刺身で食べる際は、新鮮なモノか、刺身で可能な魚を使いましょう。

加熱せず食べるモノは、何においても少なからずリスクは存在するので、自己責任でお願いします。

1.「カマス」の刺身作り方

作り方

1.下処理

まず「カマス」のウロコを取り、内臓を取り出しましょう。

腹側を切ると内臓は簡単に取り出せます。

内臓とウロコが取れたら、写真:右のような血合いの部分を、水で洗いましょう。

2.捌く

3枚におろしましょう。

基本的に、魚の3枚おろしと、方法は一緒です。

「カマス」は細長いので、わりと簡単におろせます。

頭がある場合は、まず頭を落とし、背中・腹側共に中骨まで、切り込みを入れます。

最後に繋がっている中骨の部分を切るように、縦に切りましょう。

魚を捌くのに慣れているなら、いきなり中骨から切る、〈大名おろし〉でも構いません。

3.皮と骨を外す

腹の部分の骨を包丁ですきます。

次に、骨抜きなどを使い、真ん中にある小骨を抜きましょう。

皮はそのままでも食べられなくはないですが、外しましょう。

包丁で皮をひくか、手でも剥がせます。

4.刺身にする

食べやすい大きさに切って、盛りつければ完成です。

2.「カマス」の刺身に手を加えて、美味しくする方法

上記で作った刺身をそのまま食べても美味しいですが、「カマス」の刺身に手を加えて、美味しくする方法を、ご紹介します。

それは、少し火を通す(たたき)です。

少し火を通すことで、カマスの皮と身の間にある薄い脂肪層の旨味を、活かすことができます。

また表面を加熱することにより、寄生虫の駆除にもなります。

バーナーで炙っても良いですが、バーナーを使わなくてもフライパンで火を通す方法を、お教えします。

方法

1.よく温めたフライパンでさっと焼く

火を通すのは、「カマス」の刺身、工程3(皮は外さない)が終わった段階で、行うといいです。

フライパンをよく温め、そこに皮面からカマスを入れます。

(この際、フライパンに薄く油を塗っておいた方が◎)

強火のまま5秒位焼き、ひっくり返して反対側も、5秒ほど焼きます。

2.氷水に落とす

両面焼いたら、すぐに氷水に落として、冷やします。

次に、キッチンペーパーなどに挟んで、水気を切ります。

3.切り分ける

食べやすい大きさに切り分け、盛り付けましょう。

完成:「カマス」の刺身に手を加えて、美味しくする方法『たたき』

後は、お好みで醤油かポン酢で食べるとええで。

3.「カマス」を刺身で食べる際の注意点

「カマス」を生で食べる際には注意が必要です。

「カマス」には寄生虫がいます。

 代表的なのは、ウオノエアニサキスです。

ウオノエ

人体に無害です。

実は、素揚げにして、食べることもできます。

アニサキス

人体に害があります。

寄生虫の食中毒原因としては有名です。

軽い腹痛で済む場合もありますが、ひどいと、稀に腸閉塞などになります。

どちらも目で確認できる大きさなので、捌いたときによく見て、除去しましょう。

アニサキスが怖い場合は、表面を焼いて、駆除することもできます。

完全な生ではなく、できるだけ、火を通すようにするといいです。

4.「カマス」の刺身を作る際にあると便利な道具

「カマス」の刺身に限らず、刺身を作る際にあると便利な道具を2つほど紹介します。

●骨抜き

●柳葉包丁

created by Rinker
パール金属(PEARL METAL)
¥866(2020/12/03 14:50:27時点 Amazon調べ-詳細)

魚の小骨を抜く際に非常重宝します。

1個あると便利。

ないと骨を抜くのが大変です。

created by Rinker
貝印(Kai Corporation)
¥3,480(2020/12/04 01:39:52時点 Amazon調べ-詳細)

魚を捌く際に使う、出刃包丁に比べると、刃渡りが長く、刃が薄い。

「カマス」のような細長い魚を捌くのにも使える。

「カマス」の刺身やってみてな。

タイトルとURLをコピーしました