「ラクダ肉」味は?「ラクダ肉」の特徴【実際に食べた感想】

料理

「ラクダ肉」について知りたい人へ。

何か珍しい肉を食べてみたい!

できれば美味しいくて、食べやすい肉がいい!!

と思ったことはありませんか?

それなら「ラクダ肉」がいいかもしれません!

本記事では、「ラクダ肉」の特徴と栄養、実際に食べた感想についてまとめてみました。

「ラクダ肉」ですか、全く想像ができないです。
どうなんでしょう?

結論から言ってしまえば、普通にうまいで。脂分も少ないからオススメやで。
まぁ珍しい「肉」食してみたいなら、参考にしてみてな。

「ラクダ肉」の特徴と栄養【実際に食べた感想】

「ラクダ肉」の特徴

「ラクダ肉」について

砂漠などの乗り物としてのイメージが強いラクダですが、実は食用としても利用されています。

食用される部分としては、主に「ラクダ乳」が有名です。

ラクダの乳は栄養価も非常に高く、国連食糧農業機関によればビタミンCは牛乳の3倍、鉄分や不飽和脂肪酸、ビタミンB群なども豊富です。

また肉の部分も食べられ、低脂肪・低カロリー・低コレステロールで高たんぱくなので、ヘルシーなお肉です。

ドバイを訪れた日本人観光客の間では「一度は食食べてみたい」名産品(珍品)と して有名でもあります。

ヘルシーなお肉なのは良いですね。
でも味はどうなんでしょうか?

美味しいで!食べた感じは、牛肉に近いと思う。

「ラクダ肉」の味

味は、特に臭みはありません。

食感は牛肉に近く、味がつた肉の場合は言われなければ「ラクダ肉」だとは気づかないと思います。

食感はパテの場合、脂肪が少ないため多少硬く感じるかもしれませんが、パンにはさんでハンバーバー(こぶバーガー)にするとおいしいです。

(※バーガー用パテ「ラクダ肉」 の感想)

これ、私も食べましたけど全然臭み無くて食べやすかったです。

そやねん。ラクダはなんか結構獣臭するかと思ったら全然そんなのは感じなかった。

「ラクダ肉」オススメ料理:こぶバーガーの作り方

「ラクダ肉」のパテを購入することで、簡単に作れるし、美味しいからオススメや。

材料

「ラクダ肉」パテ|【ミートガイ】

バンズ

お好みの具材

ケチャップ

マヨネーズ

手順

1.「ラクダ肉」を焼く

油を薄くひいたフライパンを良く温めたら、肉を入れ焼きます。

「ラクダ肉」パテ|【ミートガイ】 を使用する場合は、味がついているので肉への味付けは不要です。

表面に焼き色がついたら、ひっくり返しましょう。

ひっくり返したら、蓋をして弱火にして中まで火を通します。

2.バンズに挟む

パテが焼き上がったら、バンズに挟みましょう。

完成:〈こぶバーガー〉

普通にバーガーです!元々ついている味が美味しいのもあるんですが、これは普通のハンバーガーとして出されても「ラクダ肉」だとはわかないです。

ホントに意外なことに、脂肪が少ない肉のバーガーかなって感じでうまいよね。

「ラクダ肉」買える所

現状、店頭販売では見かけないので通販で購入するのがいいでしょう。

今回利用したのは、【ミートガイ】 さんという所です。

「ラクダ」以外にも「ヤギ」「ワニ」「ウサギ」「カンガルー」などのマイナーなモノから、普通の「サーロイン」「リブ」「フィレ」など結構いいお肉も売っています。

ただ、食品なので送料(クール料含む)が本州は980円、九州北海道は1150円、沖縄は1750円かかるのがネックです。(2020/6/13時点)

ただし、注文が10,000円以上で配送先が一か所なら送料が無料になります。

(※沖縄・離島は、通常送料から1,150円値引きさせて頂いた残りの送料を負担)

なのでちまちま買うと効率は悪いので、冷凍のモノならまとめて買うといいと思います。

注文から到着までは場所やモノによりますが、約3日位できます。

まとめ

以上が珍しい肉の「ラクダ肉」になります。

現状通販で購入になりますが、なかなか売っていなかったりもするので、見つけたら買うことをおススメします。

ヘルシーで食べやすい「ラクダ肉」。

珍しい肉を食べてみたいならオススメです。

珍しい肉が手に入る【ミートガイ】はコチラ

タイトルとURLをコピーしました