「あしたば」レシピ|「あしたば」の食べ方とオススメ調理法4選

料理

皆さんは「あしたば」を食べたことがありますか?

健康食品のイメージが強く、「あしたば」ですが実は食べると美味しいです!

今回はそんな「あしたば」の美味しい食べ方レシピです。

是非参考にしてみて下さい。

「あしたば」をよく採取して食べるので、その中で個人的にオススメの食べ方を紹介するで!!

「あしたば」の食べ方と調理法4選

「あしたば」について

「あしたば」は感じで書くと『明日葉』と書きます。

これは、あしたばの生命力が強く、成長が早いことから〈明日には葉っぱが生えてくる〉という意味合いがあると言われています。

これ、あながち間違いじゃなくて、「あしたば」の食べる部分は新芽を取るんやけど、数日したらまた出てるからね。
おそろしく成長が早いで。

なるほど、だから「明日葉」。

また「あしたば」はセリ科シシウド属の植物です。

セリ科の特有の香りと苦味があります。

個人的には、この香りと、味が美味しいと思うんやけど、好き嫌いが分かれると思うで。

確かに独特な味・香りはしますね。
ところで、これどうやって食べるんですか?

「あしたば」の食べ方

「あしたば」の食べ方としては、おひたし、天ぷら、炒め、ジュース、など色々あります。

意外と何にでもできるんですね。

そやで意外と調理方法は豊富なんや。
ただ、あまり〈生〉で食べるのは聞かないから、大体はサッと茹でてから調理するんやで。

では、次はとりあえず、「あしたば」の下処理を見てみよう。

「あしたば」の下処理

「あしたば」の下処理は簡単です。

サッと茹でるだけです。

①沸騰したお湯に「あしたば」を入れ、茹でる(2分)

お湯に入れる場合は、葉側はすぐ火が通るから、茎側から入れるんやで。

②茹であがったら冷水で冷ます

茹で上がったら、氷水か、水にさらしておきましょう。

ほうれん草を茹でたる場合と同じやね、茹でたら水にさらす。

今更ですが緑野菜は、なんで水にさらすんですか?

茹でると変色しがちなので冷やすことでそれを防いで色・食感を保つのが目的や。

また、緑野菜はアクの成分「シュウ酸」が多く、「シュウ酸」は水に溶けるので、アク抜きにもなるんやで。

そんな理由があったんですね。

③水気を絞る

後は、これを料理に使えばええ。
ただし天ぷらの場合はこの工程はやらんでええで。

ホントにサッと茹でるだけだから下処理簡単ですね。

「あしたば」レシピ:ゆで

1.下茹でした「あしたば」を切る

食べやすい大きさに切りましょう。

2.仕上げ

「あしたば」を皿に盛り、かつお節を盛り付けましょう。

これに醤油や、麺つゆをかけてそなまま食べてもええ。、
また、みりんと醤油で味を付けておひたしにしてもええで。

「あしたば」の苦味、香りをストレートに味わうことができるで。

「あしたば」レシピ:佃煮(煮る)

1.味を付けて煮る

砂糖を入れ少し煮た後、麺つゆなどを入れて味を付けます。

2.仕上げ

煮詰めれば完成です。

完成:「あしたば」の佃煮

ほんのりとした苦味と、香りがご飯に合う!
砂糖の量を調整すれば、苦みが気になる人も食べやすくなるで。

「あしたば」レシピ:バターソテー(炒め)

1.炒める

バターを溶かしたフライパンで「豚肉」を炒めましょう。

肉に火が通たら、「あしたば」を入れ、さっと炒めます。

3.味付け

最後にサッと醤油を入れ和えれば、出来上がりです。

完成:「あしたばのバターソテー」

「あしたば」の独特の味・香りをバターと合わせることにより、まろやかにして食べることが可能やで。

「あしたば」レシピ:天ぷら(揚げ)

1.衣を作る

市販の天ぷら粉で衣を作ります。

2.衣をつけて揚げる

先程の衣に「あしたば」をつけ揚げます。

「あしたば」は下茹でしてないモノを使用するんやで。
下茹でしたのでも構わないが、油がはねやすいのと、風味が若干落ちるで。

完成:「あしたば」の天ぷら

サクサクの食感と、ほんのりとした食感でとても美味しいで。
油と合わせることで、苦み香りも程よい感じに仕上がるんや。

まとめ

「あしたば」は苦味と香りが独特なので食べる際は、油と合わせ加熱するか、調味料の量で調節するといいです。

また下処理の段階で、茹でて、お湯を捨て、また水を入れ、茹でるを繰り返す茹でこぼしを何回かしても苦味は和らぎますが、栄養素、食感の点からあまりオススメはしません。

いずれにせよ、「あしたば」は苦味と香りがメインなのでそれうまく利用するのがええで。

個人的には初めて食べるなら、〈天ぷら〉がオススメやで!!

ちなみに、「あしたば」買う場合、どこで売ってん?と思うが、「楽天」にあったりするで。

【楽天市場】八丈島直送「あしたば」⇒

過去記事で、「あしたばペペロンチーノ」の作り方も書いているので、それも美味しいから良ければ参考にしてみてな。

タイトルとURLをコピーしました