おうちでできる!餃子の「皮」の作り方&「巨大餃子」レシピ

料理

皆さんは「餃子」を皮から作ったことはありますでしょうか?

市販の皮でも充分に美味しいですが、簡単に餃子の皮は作ることができます。

本記事では、餃子の「皮」の作り方と、その皮を使った「巨大餃子」の作り方です。

見た目もインパクトがあり美味しいので、是非作ってみて下さい。

「皮」から作る「巨大餃子」の作り方レシピ

材料

「皮」

強力粉 50g

薄力粉 60g

水 (ぬるま湯)  70g

「具」

ニラ 1束

ひき肉 1パック(150g位)

「皮」の作り方

1.小麦粉にぬるま湯を加えこねる

「強力粉」「薄力粉」をふるい、「ぬるま湯」を加えこねます。

この際、生地がまとまらない位ゆるいようなら、「強力粉」を少しずつ加え、様子を見るんやで。

2.生地を休ませる

生地がまとまったら丸め、ラップをして休ませましょう。

「巨大餃子」の作り方

1.「ニラ」を切る

「ニラ」は5mm幅位に切りましょう。

切ったら「塩」をして、もんでおきましょう。

2.具を混ぜる

「ひき肉」に少し塩を加えこねておきましょう。

「ニラ」から水が出ているようなら水を捨て、「ひき肉」に加え、混ぜ合わせましょう。

3.「皮」を伸ばす

先程作った「皮」を麺棒を使い伸ばします。

ちなみにこの分量の場合、普通の大きさの餃子12個分位やで。
「巨大餃子」の場合はこれで1枚や。

4.「具」を包む

「具」のひき肉を皮の中央に置き、皮の半分を折ります。

もう半分も折り、完全に包みましょう。

包んだら真ん中をつまみ形を作りましょう。

ちなみに、「皮」がくっつかない場合は、水で接着面を濡らすか、水で溶いた小麦粉を塗るとええで。

5.焼く

フライパンに油をひき、「餃子」の底面に焼き色がつくまで焼きます。

色づいたら水を入れ、蓋をして弱火で蒸し焼きにします。

完成:手作り皮の「巨大餃子」

皮がモチモチで、本来の餃子より具が沢山なので肉汁が凄くておいしいです。
食べでがありますね。

まぁ単純に餃子12個分以上あるからね。
見た目のインパクトも凄いしみんなで切り分けて食べるといいで。

ちまちま、餃子作るより豪快にできるから割と楽なので、お子さんがいる家庭にも向いているね。
是非作ってみてくれ。

タイトルとURLをコピーしました