ホワイトデーお返しの「お菓子」による意味の違いまとめ

雑記

ホワイトデーのお返しを何にしようかお悩みの皆様へ

2020年今年も「ホワイトデー」の季節がやってきます。

お返しにお菓子を返そうと思った場合、

  • 「マシュマロ」
  • 「チョコレート」
  • 「クッキー」
  • 「キャンディー(飴)」

など。色々rな候補があると思います。

何にしようかお悩みの方も多いのではないでしょうか?

しかし、ホワイトデーのお返しのお菓子に意外と意味があります!!

なので今回は、このホワイトデーに返すお菓子による意味の違いについてまとめてみました。

本文では、

そもそも「ホワイトデー」って?

ホワイトデーのお返し「マシュマロ」意味

ホワイトデーのお返し「チョコレート」意味

ホワイトデーのお返し「クッキー」意味

ホワイトデーのお返し「キャンディー(飴)」意味

ホワイトデーのお返し「マシュマロ」意味

本命へのお返しには「マカロン」

まとめ

について書かれています。

お返しの「お菓子」の意味を知って、今年の「ホワイトデー」のお返しを買う前に参考にしてみてはいかがでしょうか?

ホワイトデーお返しの「お菓子」による意味の違いまとめ

義理チョコ貰ったので、「マシュマロ」返そうと思います。

出た!ただしちょっと注意が必要やで。

※詳細は以下本文でわかります↓

そもそも「ホワイトデー」って?

「ホワイトデー」はバレンタインデーの1カ月後3月14日です。

バレンタインに貰ったチョコレートのお返しに男性が女性に想いを返す日と言われています。

バレンタインは、チョコレートを贈るのが一般的ですが、「ホワイトデー」は、チョコレート、マシュマロ、キャンディー、クッキーなどさまざまです。

「ホワイトデー」の起源は諸説あると言われていますが、実は日本で生まれた文化だったりします。

ん?ということは海外にはないのでしょうか?

ないで。
ただ、アジア圏だとお隣の韓国とかはやっているみたいやで。

基本的には海外のバレンタインが、恋人通しでプレゼントを贈りあうモノだから「お返し」という概念がないんや。

ふむ。日本の義理堅い感じが出た文化なんですね。
で、実際お返しの「ホワイトデー」は何を贈ったらよいのでしょうか?

ホワイトデーのお返し「マシュマロ」意味

ホワイトデーのお返しにマシュマロを贈ると「嫌い」の意味になるということを聞いたことがありますでしょうか?

えっ?!そんな意味があるんですか?

そう。言いきれる訳ではないんだが、そのような話はネットでよく見かけるで。

でも実際どうなんですか?

結論から言うと、どちらとも、捉えられる。

ホワイトデーにマシュマロを渡した場合の意味の解釈としては、

”もらった気持ちを自分の優しい気持ちで包んでお返しするよ”的な意味が存在します。

これを、ネガティブにとらえると=「あなたの気持ちをそのままお返しする」=嫌い

という解釈にもなります。

また貰った相手がマシュマロから連想できる、

すぐ溶ける(消える)

後味がないなど

マシュマロの特徴から「想いがすぐ終わる・消える」「長続きしない」=嫌いという解釈もできることから、この考え方が広まっていると考えられます。

まぁこれに限らず、物事は解釈次第で真逆の意味にも捉えられる可能性があるってことや。

つまり、いい意味にも捉えれるし、悪くも捉えられということですね。

そやで。そう捉える一面があるよ、ということを理解しておけばええ。

結局は「マシュマロ=嫌い」という根拠もないので、あまり過敏になる必要はないと思うで。

まぁどうしても気になるなら、お返しに「マシュマロ」は避けて他のモノにすればええで。

ホワイトデーのお返し「チョコレート」意味

ホワイトデーのお返しにチョコを贈る意味としては、「特に意味をなさない」「意味がない」と解釈できるようです。

一見無難な感じはしますが、どうとでも解釈ができるので、お返しする側は注意が必要かもしれません。

また、バレンタインデーに貰うモノがチョコレートなので、それをそのまま相手に返した=「想いを返した」と解釈される一面もあるようです。

まぁ相手がチョコ好きなら全然かまへんとは思うけど、それ以外は避けた方が無難やろね。

なかなか難しいですね。

ホワイトデーのお返し「クッキー」意味

クッキーの意味は、その食感・味から、「サクッとした感じ」「軽い関係(いい意味で)」と解釈され、本命以外のお返しとしては無難です。

友チョコや義理チョコのお返しとしては、無難なうえ、意味合い的にもちょうどいいモノやね。

お返しならクッキーが良いですな。

手作りの場合はコチラ↓

ホワイトデーのお返し「キャンディー(飴)」意味

ホワイトデーのお返しにキャンディー(飴)を贈る意味としては、「あなたのことが好きです。」という意味合いがあります。

由来自体ははっきりとわかりませんが、キャンディー(飴)などのお菓子は、主材料である砂糖が〈純白〉なイメージであり、食べる際に口の中ですぐ溶けず長続きすることから、〈ポジティブ〉なイメージに繋りやすいことから本命へのお返しとして、使われることが多いです。

ちなみに「味」によっても違いがあって、

  • イチゴ  「恋・結婚」
  • りんご  「運命の相手」
  • レモン  「真実の愛」

など。

色んな意味があるんや。

本命は「キャンディ(飴)」がいいってことですね

そうね。ただ「本命へのお返し」で言うならもう一つオススメがある

本命へのお返しには「マカロン」

一見マカロンはクッキーと同じような意味を持つかと思ったら、むしろ「あなたは特別な人です」という意味合いがあります。

これは、マカロンが高級なお菓子であることから「特別」という意味合いになるのでしょう。

また喜ぶ女性が多いのも事実です。

ただし、相手によってマカロンが苦手な人もいるのでそこはうまくやってくれ

多少高級とは言えど、「特別な相手」にはいいかもしれませんね。

マカロン手作りしたい場合は↓

まとめ

まとめると、

義理・友なら→「クッキー」

特別な相手・本命→「キャンディー(飴)」「マカロン」

がお返しの意味合いを考えるなら無難。

まぁぶっちゃけ、必ずしもそうじゃなきゃいけない決まりはないので、個人的には贈りたい物でええとは思う。

気持ちと言う無形のモノを、有形のモノで返す方法なのでね。大事なのはモノじゃなく、贈る気持ちよ。

どんな選択であれ、自分で決めたということが大事な訳ですね。

そいういうこっちゃ。

タイトルとURLをコピーしました