【PS4版】|「Blood stained(ブラッドステインド)」のクリア時間と感想+少し攻略情報も

ゲーム

「Blood stained-RITUAL OF THE NIGHT-(ブラッドステインド:リチュアル・オブ・ザ・ナイト)」というゲームを買いました。

最近、あまりゲームする時間が取れなくてやってなかったけど、どうしてもやりたい作品なので買ってクリアしたのその感想や。

ちなみにハードは、「スイッチ」「PC」などで出ているけど、オイラが買ったのは【プレステ4版】

結論としては、とても面白いゲームなので買って正解だったで。

詳しくは、以下に書いておくので、もし買おうと思っている人は参考にしてみてくれ。

【PS4版】|「Blood stained(ブラッドステインド)」のクリア時間と感想+少し攻略情報

「Blood stained-RITUAL OF THE NIGH 」とは

【公式】PS4/NS 「ブラッドステインド:リチュアル・オブ・ザ・ナイト (Bloodstained: Ritual of the Night)」60秒ゲーム紹介 予告
Bloodstained Ritual of the Night 公式サイト – GSE

「悪魔城ドラキュラシリーズ」のディレクター「IGA」こと「五十嵐孝司」氏が主導となり、「悪魔城ドラキュラ」シリーズの流れを汲む 最高の2D探索 アクションゲームを目指して制作されたゲームです。

いわゆる、「メトロイドヴァニア」型と言われる、ゲームやな。

「メトロイドヴァニア」型 って何ですか?

任天堂さんが開発した、「メトロイド」とコナミさん開発の「悪魔城ドラキュラ(英名:キャッスルヴァニア)」 二つのようなゲームってことやね。

「Blood stained-RITUAL OF THE NIGH 」 は五十嵐氏が主導で開発しているので、 「悪魔城ドラキュラシリーズ」 の流れを汲んでるや。

特に、悪魔城シリーズの「月下の夜想曲」が好きな人ならとても楽しめると思うで。

[世界観と音楽]

世界観は「悪魔城シリーズ」のゴシック感が出ていて、とてもいい雰囲気です。

また、音楽も「悪魔城シリーズ」のBGMを担当していた「山根ミチル」氏も関わっており、世界観にとてもマッチしたBGMになっています。

世界観と音楽に関しては、本当にうまく「悪魔城シリーズ」の流れを汲んでいると思うで

[主人公]

主人公は「ミリアム」と呼ばれる、女性の『シャードリンカー』です。

敵である、悪魔を倒すと「シャード」という力を宿すことができ、それを利用しながらダンジョンを探索していくゲームになります。

この「シャード」は色々種類もあり、ランク、グレードなどをあげる必要もあるからやり込み要素は多いで。
あと、「ミリアム」可愛い。

主人公武器は何なんですか?「悪魔城シリーズ」と言ったら「鞭」のイメージが強いですが。

いんや、固定ではない。
色々好みもモノを選べるので、それも楽しいで。

[武器]

「武足」「突剣」「短剣」「剣」「大剣」「特殊剣」「刀」「槍」「鞭」「棍棒」「銃」「特殊武器(BC武器)」と好みの戦闘スタイルで、戦うことができます。

個人的には、近距離武器が得意なので「剣」「大剣」がメインやったけど「槍」は後半使ってたかな。
基本的に自分が扱いやすいのでいいと思うで。

ちなみに「月下の夜想曲」にあった、あのチート武器も名前は違うけどあります。

[クエスト]

物語の進行にはあまり影響はありませんが、いい装備がもらえたり、良いアイテムが手に入ったりするので進めるといいです。

またクエスト達成に必要なアイテムなどは敵から入手したり、[錬成]で作りましょう。

[錬成]

アイテム・素材を掛け合わせて、新たなアイテムや、装備品、料理を作ります。

物語を進めるには重要なので、敵が強くて進めなくなったら強い装備を作るとええで。

この記事の最後の方に強い装備の作り方を書いておくので、知りたい人はそちらを見てくれ。

クリア時間

難易度は「ノーマル」レベル上げ作業はほとんどせず、探索してマップほぼ埋めて、装備整えて約20時間でした。

ラスボスは、そこまで苦戦しなかったけど道中結構強いボスがおるで。

うまい人はもっと全然早いと思う。
個人的には楽しみながらできたので本当に丁度いい難易度・ボリュームだと思う。

クリア後感想

クリア後の感想としては、2D探索メトロイドヴァニア型としては凄くいいゲームだと思います。

難易度は今どきのゲームとしては難しい方だと思いますが、個人的にはやりごたえのある程よい難易度だとは思います。

気にになった点としては、バグことがたまにあるのと、若干ロードが長い位です。

まぁ差し当たって、気にしなければ問題はないです。

あと、 メトロイドヴァニア型 特有の次どこに行けばいいのか?説明不足感はありますが、そこは楽しむ部分なので悪しからず。

ストーリー だけなら、20時間位ではクリアできますがやり込みもしっかりあるので、結構遊べるとは思います。

そして、所々に「ネタ」が仕込まれていいるのもわかる人には尚面白いと思います。

あと、ミリアム可愛い。

そればっかだな。

まぁ、まとめとしては「悪魔城シリーズ」好きだった人は、是非やった方がいいと思うで。
世界観、音楽、探索含めて楽しめるとは思うで。

おまけ情報(装備と素材入手先)

ここから先は、個人的に使ってた強い装備の「錬成」での作り方を載せておくので、作り方・素材入手先がわからなくて困っている人は参考にしてみてくれ。

基本、装備のレシピを取れば作れるようになるから作れない場合は、まずレシピを探すんやで。

「頭」     素材              

プレアデス       オリハルコン×1         

           アレキサンドライト×1      

            ダイヤモンド×6

「胴」     

楯無(たてなし)    オリハルコン×2

            ヒヒイロカネ×1

            東洋の布 ×1

            血塗られた頭蓋骨×1

「楯無」に関しては、「錬成」欄に無い場合は「ヒヒイロカネのレシピ」を取れば作れるようになるっぽいで。

ヒヒイロカネのレシピは「東洋魔導研究棟」の鳥居エリアにあるで。

「スカーフ」          

オーバーザレインボウ  カシミヤ×3

「武器」

ルァハ・ヴェラー    ルァハ・ヴァラル×4

            ヒヒイロカネ×1

            血塗られた牙×1

            鋭利なカミソリ×4

いわゆる、「ヴァルマンェ」系統の武器や。
マラソンする際に敵を倒すのが楽になるから作っておくといいかも。

上記装備、各素材の入手先

〈素材名称〉       〈入手先〉

オリハルコン        敵:Gアレックス・アウトサイダー (場所:永久氷棺)

アレキサンドライト、ダイヤモンド 敵:アイス・エレメンタル (場所: 永久氷棺)    

ヒヒイロカネ、東洋の布         敵:ニンジャ (場所: 東洋魔導研究棟)

血濡れの頭蓋骨        敵:レブナント (場所:静寂の庭園 鍵の部屋)  

カシミヤ           敵:ジャイアント・ブエル (場所: 巨獣区)

ルァハ・バラル、鋭利なカミソリ  敵:キラーバーバー(場所:ディアン・ヒルケト大聖堂) 

血塗れの牙           敵:長者の悪夢 (場所: 終焉の間 鍵の部屋)

アイテムのドロップとが悪い時は、運(luck)を上げると良い気がするで。
本や、装備で運を上げるんや。

あくまで個人的に使ってる装備に過ぎないので、上記以外にも色々あるから、好みで使い分けてみてくれ。

タイトルとURLをコピーしました