簡単!シンプル!!芋+砂糖・牛乳・卵で作る「スイートポテト」の作り方

料理

秋の旬の食べ物である、「さつまいも」。

焼き芋、干し芋、天ぷらetc…色々な方法で美味しく頂くことができます。

そんな秋の味覚である「さつまいも」で作る、シンプルかつ簡単に作れるお菓子、『スーイートポテト』の作り方についてまとめました。

オーブンも使わずトースターを使う

●バター生クリームは使わない

材料は、さつまいも+砂糖・牛乳・卵

という簡単な作りになっています。

皆さんも参考にして、みて下さい。

~導入茶番~

「さつまいも」を頂いたのですが、『スイートポテト』を作ってみたいのですが、どうやって作るのでしょうか?

なんや、そんなもんも知らんのかナマモノ君は。
そもそも英語では「スイートポテト」は「さつまいも」の意味なんやで。

だからハイ、完成。「スイートポテト」↓

おい。そうじゃぁない、楽すんな!!
私が知りたいのは、お菓子の『スイートポテト』の作り方です。

なんや、やっぱそっちなんか。
ほなら簡単かつシンプルな作り方を教えてあげよう。

そっちしかないです。
そもそも芋作ってすらいないだろ海獣。

シンプル!芋+砂糖・牛乳・卵で作る「スイートポテト」の作り方

バターや生クリームを使って作っても美味しいけど、あえて使わないで、安価な材料で作る作り方やで。

これでも充分美味しいんや。

材量(4個分量)

さつまいも 300g(皮つき)

砂糖30g

牛乳30g

卵 1個

※焼型に、アルミカップ準備

作り方

凄く簡単やで

1.材料を切る

さつまいもを洗ったら両端を落として、皮は剥かずにそのまま切ります。

厚さは適当で構いませんが、あまり薄いと後で潰せないので、爪の幅位でいいと思います。

 

2.芋を加熱

さつまいもをラップで包みます。

隙間なく包んだらレンジにかけましょう。

730Wなら5~6分位です。

爪楊枝が刺さる柔らかさになったらOKです。

 

3.材料を混ぜる

加熱した、さつまいもを温かいうちに、フォークなどを使い潰します。

(滑らかな舌触りの仕上がりにした場合は、ここで裏ごししましょう。)

ある程度潰れたらヘラなどに持ち替え、更にペースト状にします。

次に「牛乳」を加え少し混ぜ、

「砂糖」を2~3回ぐらいに分け、加えましょう。

混ぜ合わせます。

次に、「卵」は白身と黄身に分け、黄身は取っておきます。

「白身」の部分は芋の方に加えましょう。

よく練り合わせます。

 

4.成形

好きな形にします。

楕円が主流です。

形が整ったら、アルミカップに入れましょう。

 

5.焼く

黄身に少し塩を入れます。

入れなくても良いです。

黄身をほぐし、表面に塗りましょう。

2度塗りすると綺麗に仕上がりやすいです。

トースターで表面に少し焦げ色がつくまで焼きます。

完成:シンプル!芋+砂糖・牛乳・卵で作る「スイートポテト」

どれどれ。んこれは!?

牛乳臭いかと思ったらそんなこともなく、砂糖と芋の甘さが丁度いい感じになっていて、それでいて、焼き芋とはまた違った旨味があり、とても素朴で懐かしい感じのする美味しさです!!

そやろ。そやろ。
昔、幼稚園でおやつで出た、「蒸したさつまいも」と牛乳を飲んだあの懐かしき味を再現したんや。

オーブンを使わず、トースターでできるし、バターも生クリームも入っていないから安価に作れて、「芋」を感じられる、スイートポテトやで。

幼稚園で蒸したさつまいものおやつ。
いや、あんたホントにいくつだよ。

ふっふっふっ

みんなも良かったら、作ってみてくれ。

タイトルとURLをコピーしました