【猪肉料理】|子イノシシの肉を使った、美味しい「猪シチュー」の作り方レシピ

料理

皆さんは、「ジビエ」食べたことありますでしょうか?

「猪肉」「鹿肉」「兎肉」など、野生鳥獣の食肉を『ジビエ』と言います。

この『ジビエ』は一般的に飼育された家畜とは違い、臭みがあったり肉質にも個体差があるのが特徴です。

そんな『ジビエ肉』の中でも今回は「イノシシ」肉を使ったレシピになります。

  • 「猪肉」の美味しい食べ方はないだろうか?
  • 「イノシシ鍋」以外の食べ方が知りたい!
  • 「イノシシ肉」どう調理したらいいんだろう?

など。

あまり「猪肉」を調理する機会は少ないかもしれませんが、調理する機会があったら参考にしてみて下さい。

~導入茶番~

珍しいもん手に入れたで

なんの肉ですか?

「イノシシ」や。
しかも厳密には「子イノシシ」の肉。

「イノシシ肉」…
美味しいんですか?

こればかりは、完全に好みが分かれるで。
独特の臭みもあったりするしな。

ただ、ちゃんと処理すれば美味しいんやで。

ふむ。美味しとなると気になりますね。

是非食べさせてください。

しゃぁーないのう。

子イノシシの肉を使った、絶品!!「猪シチュー」の作り方レシピ

「子イノシシ」の方がクセも少なく、柔らかいのが特徴や

材量

子イノシシのレッグ肉 2本 

背ロース、肩ロース肉(以後、ロース肉と表記) 適量

無塩バター 適量

コショウ(黒)

玉ねぎ 1個

人参  1本

ぶなしめじ 1房

じゃがいも 3~4個(※今回は冷凍フライドポテト利用)

赤ワイン 適量

ビーフシチューのルウ 1箱

作り方

1.肉の下処理

「レッグ肉」の筋と脂部分を外す。

包丁などで、一通り白っぽい部分を外していきましょう。

外した部分は食べられるので取っておきます。(筋・脂肉)

 

「ロース肉」は白い部分は外し、肉は食べやすい大きさに切っておきましょう。

以下のように「筋・脂肉」「レッグ肉」「リース肉」の3つに分けておきます。

 

2.肉に下味をつける

「ロース肉」は普通に塩を振り、「レッグ肉」には塩を気持ち多めに両面に振りましょう。

「筋・脂肉」には下味はつけなくても良いです。

「レッグ肉」には少し気持ち多めに黒コショウをふります。

 

3.野菜の下処理

「玉ねぎ」は皮を剥いて、

大きめにカットしておきます。

 

「人参」は包丁などで薄皮を取り、

縦に割り、

少し大きめに切っておきましょう。

 

「ぶなしめじ」は石突を切り、

ほぐして他の野菜と一緒にしておきましょう。

 

「じゃがいも」は皮を剥き適当な大きさに切っておきましょう。

※今回は冷凍フライドポテトを使用。

なんで「冷凍フライドポテト」使ってるんですか?

あっ、それ聞いちゃう?諸事象により、使い切りたかったから。プラス、楽したかったからやで。

ただし、この後結構煮込ので、最初から「冷凍フライドポテト」入れると跡形も無くなるので注意や。

実際そうなった。

おい。

4.材料を炒める

フライパンにバターとサラダ油を同量入れ加熱します。

「筋・脂肉」を炒め、脂を出します。

全体の色が変わり、軽く火が通たら煮込み用の鍋に入れます。

同じフライパンを使い、「レッグ肉」の表面を焼き固めます。

表面に火が通たら、鍋に移します。

少しサラダ油を足し、

「ロース肉」を炒めましょう。

完全に火を通す必要はないので、表面を焼き固めたら、OKです。

鍋に入れます。

同じフライパンに今度は「野菜」を全て入れ軽く炒めます。

野菜が全体的に透き通ってきたら、

鍋に入れましょう。

 

最後に同じフライパンに「赤ワイン」を入れ、沸騰させアルコールを飛ばします。

その際に、フライパンについているモノをこそげ落としておきましょう。これもうま味になります。

湯気に顔を近づけて、目にしみなければアルコールは飛んでいるので、鍋に入れましょう。

 

5.煮込む

材料と同量の「水」を入れ、

強火にかけましょう。

沸いてきたら、灰汁を取り除きます。

灰汁を取りきるまでは完全に沸騰させないようにしましょう。

灰汁が取れたら、

蓋を少しずらし、弱火で1時間煮込みましょう。

 

6.仕上げ

火を止め「ルウ」を入れ溶かしましょう。

ルウが全部溶けたら完成です。

皿に盛り付けましょう。

「猪シチュー」

mgmg。これは!!!

肉はとても柔らかく、一切臭みがないです。
下味もしっかりと付いているので肉にしっかりと味がついていてビーフシチューのルウと合わさり、とてもちょうどいい味になっています!
これは、「猪肉」と言われないとわからない程美味しいです。

やろ。
ただしこれはあくまで今回使っている肉が、「子イノシシ」の肉だからであって、大人のイノシシの場合は、もう少し、香辛料やハーブ、煮込む時間を長くする必要があるで。

「子イノシシ」の方が美味しいですか?

そうね。「子イノシシ」の方が脂は少ないけどクセが少なく、柔らかいと言われているで。

まぁ、でもこのレシピは、大人イノシシ肉でも使えるから、「イノシシ」シチュー作ってみたい人は参考にしてみてくれ

タイトルとURLをコピーしました