【水】|超軟水!?話題の天然アルカリイオン水「温泉水99」飲んでみた

紹介

今回はある【水】を飲んでみたのでその感想や。

飲んだのはこれ、

何ですかこれ?

これは鹿児島県垂水温泉100%を使用した、世界トップクラスの高アルカリ水なんやで。

ほう。何やら凄そうですね。
少し気になります。

やろ。
自分も気になったんで飲んでみたんや。

で、どうだったんですか?

それがさ―凄く飲みやすくて口当たりがまろやかで優しいんよ。

ほーうそれは気になりますね。
もっと、詳しく知りたいです。

しゃーないのう。
仕方ないのでナマモノ君に教えてあげよう。

ありがとうございます。

超軟水!?話題の天然アルカリイオン水「温泉水99」飲んでみた

まず、そもそも「温泉水99」について簡単に説明しておくで。

「温泉水99」とは

鹿児島県垂水温泉の天然温泉100%を使用した硬度1.7という「超軟水」です。

また、pH(ペーハー)9.9という世界トップクラスの高アルカリ性の水です。

なんとなく凄い【水】ということはわかりましたが、硬度?やらpH?やら、わかりにくいです。

そやね。
では、この「硬度」「pH」がどういうことか説明しよう。

「硬度」とは

】には、カルシウム、マグネシウムが含まれています。

このカルシウム、マグネシウム1ℓの水にどれだけ含まれているか、表したものが「硬度」です。

数値としては、

1ℓ当たり120㎎(120㎎/ℓ) 以下「軟水(なんすい)」

1ℓ当たり120㎎(120㎎/ℓ) 以上「硬水(こうすい)」

と定義されています。

ちなみに東京都の水道水は1ℓ当たり60㎎(60㎎/ℓ)前後の「軟水」で、エビアンやヴォルビックと言われる「硬水」は300㎎(300㎎/ℓ)を越えています。

この、「温泉水99」は硬度1.7(1.7㎎/ℓ)ということは「超軟水」な訳です。

 

やろ。
市販の天然水などでも、硬度約30とか言われているので、いかに驚異的な「軟水」なのかわかるやろ。

次に「pH」や

「pH」とは

「pH」は早い話が、酸性かアルカリ性かを表した「数値」です。

「水素イオン指数」とも言われます。

7「中性」となり、

0に行くほど「酸性」

14に行くほどが「アルカリ性」となります。

この「温泉水99」はpH9.9なのでアルカリ性なんですね。

でも、アルカリ性だと何がいいんです
か?

このようなアルカリ性の【水】、「アルカリイオン水」の特徴はいくつかある

  • 体の中をスッキリさせる効果期待
  • 美容面での期待
  • 健康をサポート
  • 口あたりが軽い
  •  etc..

このようにいくつか特徴がある。

ただし、乳児などはには内臓が未発達なので控えた方がええで。

大人が飲む場合具体的に、どれぐらいの量ならいいのでしょうか?

「アルカリイオン水」の1日の摂取上限は大体、体重の5%と言われているんやで。

つまり、体重50㎏なら、摂っても2で十分ということや。

何事も摂りすぎは良くないってことですね。

そういうこっちゃ。
これが「温泉水99」についての簡単な概要やで。

では、次は肝心な「味」についてや。

「温泉水99」の味は?

味は、ほんのりと甘い感じの味がします。

硬度が低いからか、とても舌触りがよく、するりと入ります。

当然ですが、水道水とはとは全然違い、「温泉水」というわりには温泉(硫黄)っぽさはなく、とても飲みやすいと思います。

市販の水はわりと色々飲んできたんだけど、オイラの今まで飲んだ中で1番甘さがあり、軟らかい!!って感じがします。

「軟らかい=口当たりが優しい」って感じや

gkgkg。言いたいことはわかります。

「軟らかい」んですよね。

そう。
やはり「超軟水」と言うだけのことはある。

「温泉水99」の料理への利用法

この「温泉水99」料理にもなんか使えないでしょうか?

まぁ基本【水】なんで使い道は色々あるだろうけど、「軟水」は和食に向いていると言われているんや。

「軟水」向きの料理

「軟水」には米・野菜を柔らかくする作用があり、出汁などを利かせる和食に向いています。

特にお米を炊く場合は、「軟水」を使うとふっくらと仕上がります。

まぁそもそも日本は「軟水」なので、自然と「軟水」合う料理として発展していっただろうからね。

では、「硬水」を使う料理は洋食がオススメなんですか?

まぁそんな感じやで。

「硬水」向きの料理

「硬水」は肉を柔らかくし、臭みを摂る効果があります。

肉なのどを煮込むような料理に向いていますし、パスタを茹でる際に硬水を使うと、麺にコシが出ます。

とまぁこんな風に水の「硬度」によって使える料理が変わってくるから、「温泉水99」は和食向きってことやね。

なので今回は、この「温泉水99」を使って、シンプルな〈炊き込みご飯〉を作ってみました。

良ければ参考にしてみてくれ。

「温泉水99」を使ったレシピ

〈炊き込みご飯〉

◆材料

米2合

マイタケ 1房

ツナ 1缶(ノンオイル)

 

◆作り方

研いで水を切ったお米に、

マイタケを裂きながら入れましょう。

ツナ缶を汁ごと入れ、

「温泉水99」を2合のラインまで入れます。

塩を一つまみ入れたら、「炊飯」します。

完成:〈温泉水99を使った炊き込みご飯〉

「温泉水99」の味を生かすために、醤油ではなく、塩で味付けるのがポイントやね。

普通の炊き込みご飯よりふっくら炊けていて、塩のシンプルな味付けなのに、素材の味が生かされていて美味しいです。

まぁ炊き込みご飯に限らず、料理全般に「温泉水99」は使えそうだから、飲む以外に、普段の料理に使うのもありやね。

まとめ

「温泉99」は、

「硬度」1.7という超軟水

「pH」は9.9のアルカリイオン水

「味」は、のどごしなめらかで甘みがあり、優しい味わい。

「和食」に向いているが、それ以外の料理にも利用できる。

とまぁこんな感じの【水】なので、気になった人は、是非飲んでみてくれ。

試したい人は、1280円のお試しセットがお得やで(2019/08/09現在)

温泉水99を試してみたいあなたはこちらへアクセス⇒

コメント

タイトルとURLをコピーしました