「トコブシ」と「アワビ」の見分け方は?味の違いと美味しい食べ方も紹介

料理

「トコブシ」と「アワビ」について知りたい方へ

本記事では、以下のような

●「トコブシ」と「アワビ」の見分け方は?

●そもそも「トコブシ」と「アワビ」って何がどう違うの?

●「トコブシ」と「アワビ」の味の違いを知りたい!

●「トコブシ」と「アワビ」の美味しい食べも方知りたい!

というあなたの疑問にお答えします。

確かに、私もよく違いがわかってないです。
是非教えてください。

おけ。海辺の田舎に住んで、漁協権を保有していて毎年素潜りで「トコブシ」と「アワビ」を取っているワイが詳しく教えたるで。

スポンサーリンク

「トコブシ」と「アワビ」

上記写真は左の小さいのが「トコブシ」、右が「アワビ」です。

この写真では「アワビ」が大きいので見分けはつきますが、成長過程では「トコブシ」と同じ大きさの個体も存在します。

この写真なら、「トコブシ」と「アワビ」の違いはなんとなく大きさでわかりますが、小さいのは見分けがつかないです。

そもそも「トコブシ」って「アワビ」の子供なんでしょうか?

いんや。結構勘違いしがちだが、「トコブシ」と「アワビ」は別もんやで。

「アワビ」の小さいのや子供が「トコブシ」では無い。

簡単に言うと、「トコブシ」と「アワビ」は軟体動物門腹足綱ミミガイ科の藻食性の巻貝なんやが、違う個体なんや。

その違いは見分けるポイントにもなる。

そうなんですね。

ではどう見分けたらいいんですか?

「トコブシ」と「アワビ」見分け方

見分けるポイントは殻に開いた【穴】の数で見分けられます。

この穴は貝の、鰓呼吸に使われる穴なのですが、

■「トコブシ」は6~8個

■「アワビ」の場合は大体が4~5個

の穴が開いています。

へーそんな違いが。
気を付けて見ないとわからないです。

そやねん。

他にも、「アワビ」穴はとがって火山口みたいになっていたりするので、そこでも見分けることが可能や。

この構造の違いがあるように「トコブシ」と「アワビ」は違うってことやね。

なるほど。

大体の見分け方はわかりましたが、味に違いはあるのでしょうか?

味というよりは〈食感〉に違いがあるかな。

「トコブシ」と「アワビ」の味の違い

味というよりは、〈食感〉の違いが分かりやすいです。

刺し身などの生で食べた場合の食感の違いは、

■「トコブシ」は柔らかい

■「アワビ」はコリコリ

とした食感です。

また加熱しても違いがあります。

■「トコブシ」は火を通しすぎても硬くなりにくい

■「アワビ」は火を通しすぎると硬くなりやすい

傾向があります。

火を通し過ぎなければ「アワビ」も柔らかいのでおいしいで。

個人的にはどちらも生より、加熱した方が美味しいと思う。

確かに食感も結構違いますね。
私はアワビの刺身のコリコリ感が好きですが。

そういえば、それぞれ美味しいオススメの食べ方はあるんでしょうか?

あるで!

まぁあくまで個人的にオススメの美味しいと思う食べ方ではあるので、よかったら試してみてな。

「トコブシ」と「アワビ」の美味しい食べ方

「トコブシ」

「トコブシ」は煮つけがオススメです。

砂糖、麺つゆ、酒とともに、短時間煮て柔らかく仕上げます。

そのままこの煮つけを食べてもうまいんだが、最近この煮つけを更にうまく食べる方法を見つけてしまった。

それは、煮つけをバターソテーにすることや!!

作り方は別記事に書いてあるので、参考にしてみてな。

「煮つけ」として完成されている料理なのに、それをバターで炒めることにより風味がプラスされ、とても美味しいで。

是非、〈トコブシの煮つけバター炒め〉作ってみてくれ。

「アワビ」

「アワビ」は『刺し身』でもいいですが、個人的には少し火を通してバターソテーにし、肝で作ったソースで食べるのが1番美味しいと思います。

作り方はここでは長くなるので、別記事に詳しく書いてあるから参照してみてくれ。

これはどれも美味しそうです。
機会があればやってみようと思います。

やろ。

まぁ以上が、「トコブシ」と「アワビ」の見分け方と味の違い、美味しい食べ方も紹介や。

良ければ参考にしてみてな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました