【健康】|ダイエットや生活習慣病予防で注目される【GI値】とは何か簡単にわかりやすく解説

雑記
PENTAX DIGITAL CAMERA

「らっこックさん、最近食品〈じーあいち〉というモノを耳にしたのですがこれは何ですか?」

「ん?なんやいきなり」

「いや、夏に向けて+健康のためにダイエットしようかと思いまして。そしたら〈じーあいち〉という言葉を耳にしたもので何かと思いまして」

〈GI値〉な。ナマモノ君」

「これは、簡単に言ううと食後の血糖値上昇を示す指数や」

「へー。でも食後の血糖値がダイエットや健康にどう関係するんですか?」

「それが結構関係あるんやで」

「いい機会なので是非教えて下さい!!」

「お前が言うな。まぁ確かにいい機会だから、500ホタテで教えたるわ」

【健康】|ダイエットや生活習慣病予防で注目される【GI値】とは何か簡単にわかりやすく解説

そもそも【GI値】とは

GI値とは冒頭で述べた通り、「食後の血糖値上昇を示す指数」です。

食後2時間までの血液中の「糖」の濃度を計ったもので、この数値の低い食品を摂取することが、ダイエットや生活習慣予防の観点から注目されています。

「すごく簡単にいうとこの値は、例えば、ご飯などの炭水化物を食べた場合は上がりやすく

玄米などを食べると上がりにくいといったことを具体的に数値化したモノやで」

「この数値基準はブドウ糖を100とした場合になってるで」

「ただ、ちゃんとしたガイドラインが定まってないのであくまで目安やけどな」

「そうなんですね。大体GI値というモノはわかりましたが、これがダイエットや健康にどう関係するんですか?」

「それはな、大豆ファーストの記事を書いたときにも少し話したけど、食後の血糖値てのは意外にないがしろにしてはいかんのだよ」

食後の血糖値が急に上がると何が良くないのか?

米やパン、麺などの食べ物を摂取すると血糖値が上がります。

正常な場合は血糖値を下げるため「インスリン」というホルモンが分泌され血糖値を一定に保とうとします。

この血糖値の上昇の幅が大きくなってしまうと、動脈硬化や太りやすくなるリスクがあると言われています。

「例えば、1・2食抜いた空腹状態でお腹が空いたから、ご飯を沢山食べるいわゆる【ドカ食い】は良くないと言われる理由はここにあるんや」

例:

【ドカ食い】をする

血糖値がグンと上がる

インスリンが多く分泌される

糖が沢山あるから溜めておこうと体が反応

脂肪になる

結果:太る

「という、悪循環スパイラルの入り口になってしまうんや」

「なんと!自分もドカ食いをよくするので良くないわけです」

「そやで、だから1日の食事はバランスよくと言われんや」

「だからこの食後血糖値を上げにくくするために、GI値注目されてるわけですね」

「でも、具体的にどんな食材がGI値が低いのでしょうか?」

「それは分類すると大体こんな感じ」

食材のGI値(低・中・高)

〈低い〉

春雨

そば

全粒粉のパン

玄米

お粥(白米)

葉もの野菜(レタス・キャベツ)

キノコ類

ナッツ類

牛乳

ヨーグルト

チーズ

バター

リンゴ

いちご など

〈中〉

うどん

パスタ

〈高い〉

白米

パン

中華麺

にんじん

かかぼちゃ

ジャガイモ

せんべい

チョコ

etc…

「あげるとざっとこんな感じやで」

「ただ注意が必要なことがあります」

「と言いますと?」

あくまでこれは目安であり、GI値はガイドラインが定まっていないモノなので多少誤差はあります」

「またGI値の低いモノだけ食べていればいいといううわけでもないし、GI値が低いから沢山食べてもいいやということではありません

「そもそもGI値が低いからと言っても摂取してるカロリーに変わりはないからな」

「あくあまで、バランスの良い食事が基本ということや」

「そうですね。GI値が低いからと言って食べすぎれば結局一緒ですよね」

「そ。牛乳と一緒に何か食べるとGI値が低くなるという実験結果もあるみたいなので気になる人リンクを貼っておくから読んでみるとええで」

外部リンク:糖尿病ネットワーク|食後高血糖はグリセミック指数(GI)で対策

まとめ

  • GI値は食後の血糖値上昇を示す指数。
  • 急に血糖値をあげるような食事の仕方は控えよう。
  • GI値の低い食材だけをを食べていればいい訳ではないので、1日の食事のバランスも考えよう。

GI値を気にすること+大豆ファーストのような食べ方を工夫することは大事やで」

「何よりその食生活を続けることが1番大事なんや」

「自分も頑張ってこれから、GI値を気にかけた食事を続けてみたいと思います!」

「まぁ頑張れや」

コメント

タイトルとURLをコピーしました