【筍】|「たけのこ」の種類による違いと「真竹(まだけ)」の茹で方と保存方法について

料理

「たけのこを頂きました」

「いいですね!でもこの、たけのこなんか細長くないですか?」

「ナマモノくんこれは【真竹】という種類のたけのこなのだよ」

「まだけ?味は何か違うんですか?」

「そうね。いい機会なので調理する前に違いについて簡単に説明しておこう」

「よろしくッス」

 

「たけのこ」の種類による違い

 

たけのこの種類

◆「孟宗竹(もうそうちく)」

前回の記事で普通の「たけのこ」の茹で方を紹介しましたが、この世間一般的に流通している「たけのこ」は【孟宗竹(もうそうちく)】といわれる種類になります。

  • 白くて太く
  • えぐみが弱く甘みがある
  • 香りがよい

といいった特徴があります。

「〈たけのこ〉といったらこの孟宗竹になる訳や」

「むしろ種類があるなんて気にもしていませんでした」

「まぁ普通は気にしないからね」

「で今回頂いたのが【真竹(まだけ)】になる訳ですね!」

「そやで」

 

◆「真竹(まだけ)」

「孟宗竹」に比べ細く、食用の際の特徴としては、

  • 少し硬い
  • 苦味、えぐみがある
  • 香りは良い

などの特徴があります。

「ちなみに堀ったばかりのモノなら刺身で食べられるんやで」

「刺身で?!でも、えぐみと苦味があるのではないですか?」

「それは、掘ってから時間が経つにつれて苦味・えぐみが出てきてしまうんや」

「だから掘ったばかりのモノなら大丈夫やで」

「へー食べてみたいです!!」

「まぁなかなか難しいよね。そもそもこの真竹はあまり流通していないからね」

「ですよね。残念です」

「ちなみに今回はあまり詳しく紹介しませんが、もう1つ種類があります」

 

◆「破竹(はちく)」

見た目は「真竹」のたけのこに似ていますが、

あくが少ないため、あく抜きの必要がないです。

味はクセもなく、あっさりとしています。

 

「色々と種類があるんですね。でも種類によって茹で方とか違うんでしょうか?」

「いやたいして変わらんよ。では本題、今回の「真竹」の茹で方です」

 

過去記事:【たけのこ】|意外とわからない!【生のたけのこ】をどうやって茹でればいいのかを解説

 

「真竹(まだけ)」たけのこの茹で方と保存法

「真竹」の茹で方

皮を剥く

包丁などで切れ込みを入れ、

皮を剥いていくか、

縦半分に割って

身の部分だけを取り出す方が簡単です。

 

「たけのこ」を茹でる

皮を剥いた、たけのこを鍋に入れ水を入れましょう。

この際、掘ってから時間が経っている場合は「えぐみ」「苦味」がるので、「糠」を入れ一緒に火にかけましょう。

火にかけたら沸騰させ、20分位茹でます。

茹で上がったらザルにあげ、水気を切り冷ましましょう。

 

茹でた「たけのこ」の保存法

「たけのこは冷凍できるで」

冷凍する場合は、食べやすい大きさにカットしておくと後々便利です。

縦に切って、

食べやすい大きさに切っていきましょう。

全て切り終わったら、

 

ビニール袋などに小分けにして、おくと便利です。

袋に入れたら冷凍させましょう。

保存期間の目安は1カ月位ですが、それを過ぎても問題なく食べられます。

「まぁできるだけ早く使い切ろうぜ」

「冷凍した〈たけのこ〉を使う際はレンジでチンするか、お湯に入れて解凍するといいで」

「真竹を使ったレシピって何かないですか?」

「そうね。では別記事でこれを使ってパスタを作ってみよう」

 

レシピ記事:【パスタ】|シンプルだけど美味しい「真竹のぺペロンチー」の作り方レシピ

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました