【野菜料理】|「ズッキーニ」を生で食べる!「鶏とズッキーニのカルパッチョ風」作り方

料理

「ズッキーニを頂いたのですが、やはりやはり食べるならラタトゥイユですかね?」

「そうね。基本的には、加熱してトマトと煮ラタトゥイユが有名やね」

「でも実は生で食べることも可能だったりする」

「ズッキーニ生で食べられるんですね!初めて知りました」

「では、せっかくなんでズッキーニを生で食べる料理を教えてあげよう」

「お願いします」

 

「ズッキーニ」を生で食べる!「鶏とズッキーニのカルパッチョ風」作り方

「シンプルなのにうまい!!」

 

材料

ズッキーニ 1本

鶏ムネ肉  100g前後

塩      適量

コショウ   適量

バジル(お好みのハーブなんでも) 適量

オリーブオイル          適量

 

作り方

材料の下処理

「ズッキーニ」

洗ったズキーニのヘタを落として、

薄切りにしていきましょう。

切れたらボールなどに入れ、

塩を振り、数分置いて置きます。

数分するとズッキーニから水が出てくるので、皿にキッチンペーパーなどを敷き水気を切りましょう。

ペーパータオルなどで挟むといです。

 

「鶏ムネ肉」

沸騰したお湯に鶏肉を入れ茹でましょう。

大体5分位茹で、少し包丁を入れ中まで火が通てたら、取り出します。

取り出したら冷ましておきましょう。

冷めたら鶏肉の皮を外し、

肉が崩れないようにある程度薄く切りましょう。

皮は細かく刻んでおきましょう。

 

仕上げ

水気を切ったズッキーニ、鶏肉の順番で交互に皿に並べていきましょう。

並べ終わったら中心部にはズッキーニのみを多めに並べ、

鶏皮をそこにのせます。

「塩は質の良い塩を使うともっとうまいで」

コショウ

バジルとオリーブオイルを振りかければ完成です。

 

 

 

「鶏とズッキーニのカルパッチョ風」

「好みでレモン汁をかけても美味しいです」

「ズッキーニにクセが無いのでこれは美味しいです。mgmg」

「ホントできたらすぐ食うね!」

 

余談

最後に少し「ズッキーニ―」についての知識として。

「ズッキーニにはごくまれに毒を含む個体があります

「え!食べる前に言ってくださいよ」

「滅多にないし、簡単に確認できるから大丈夫や」

「そうねんですね。でもどんな毒があるんですか?」

ククルビタシンと呼ばれる毒で、実はウリ科のモノにはほとんど含まれているんや」

「微量なら特に問題はないんだけど、大量に摂取すると腹痛や嘔吐を起こすことがある」

「ごくまれにククルビタシンを多く含む個体があって、それを食べると中毒を起こすということや」

「でも簡単に確認できるんですよね?」

「そう、ククルビタシンを多く含む個体は凄く苦い

「なので使う前に少し味見して苦ければ使わなければよい

「少量程度の摂取なら、問題はないから味見位なら大丈夫や」

「ちなみにこの毒は加熱しても壊れないからね」

「へー。参考になりました」

「といっても滅多にないから」

「気になる人は使う前に味見してみるといいかも」

「では残りも食べますmgmg」

「・・・」

コメント

タイトルとURLをコピーしました