うまみの塊!つまみに最高!!「カメノテ」と「ふじつぼ」の食べ方と食べられる部分について

料理

「〈カメノテ〉と〈ふじつぼ〉を貰いました。が、食べ方がわかりません」

「おっいいね。つまみに最高!てか食べ方知らねぇのかよ!!」

「いつも通り、食べ方(調理法)を教えて下さい」

「しゃぁないやっちゃのう」

「じゃぁまずはいつも通り、食材について簡単に説明してからや」

 

「よろしくお願いします」

 

うま味の塊!つまみに最高!!〈カメノテ〉と〈ふじつぼ〉の食べ方と食べられる部分について

〈カメノテ〉とは

亀の手に似ていますが、亀の手ではありません。

〈カメノテ〉北は北海道から、南は沖縄までの海に広く分布する「甲殻類」の仲間です。

雌雄同体の生き物で、主にプランクトンをエサにしています。

食材としてはあまり流通していませんが、買うと割と高値です。

「甲殻類なんですね。貝類だと思ってました。」

「まぁ、貝っぽいよね」

「しかも〈ペルセベス〉と呼ばれ、スペインでは高級珍味として出されていたりするんやで」

〈ふじつぼ〉とは

石灰質の殻を持ち、富士山のような形状をしている「甲殻類」です。

雌雄同体で、プランクトンをエサにしています。

高級食材として「青森県」のふじつぼが流通しています。

「ふじつぼって言ったら、澪ちゃんが怖がってたイメージが強い。あずにゃんはprprpr」

「言いたいだけだろ」

 

 

〈カメノテ〉&〈ふじつぼ〉の食べ方

「基本的に味噌汁か塩茹でで食べるのがオススメです」

「味噌汁だと出汁が物凄く出るので良いですし、塩茹では酒の肴に抜群です!」

「今回は塩茹でにして、冷凍します」

 

0.〈カメノテ〉&〈ふじつぼ〉は軽く水洗いしておく

 

1.鍋に入れ水、塩を入れる

塩は水に対し、0.5〜1%位

 

2.火にかけ沸騰させる

結構アクが出てくるので、沸騰するまで、こまめに取り除きましょう。

沸騰してから5分位茹でればOKです。

 

3.ザルにあげ水気を切り冷ます

冷めたら食べる分だけ残して後は冷凍保存しましょう。

「冷凍したのは食べるときにまたお湯にくぐらせればいいで」

「茹であがったのはいいんですがどこ食べるんですか?」

「そうね。では食べられ部分を教えてあげよう」

 

 

〈カメノテ〉食べられる部分

まず根元の部分を剥きます。

すると、中に身があるのでそこを引っ張り出します。

するとこのような身が出てくるのでこれを食べます。

「食感は貝みたいで、味は旨味が凝縮した貝みたいな感じやで」

 

次に先程の身とは別に、先端部分に身があるので楊枝などで取り出します。

これはカメノテがプランクトンを捕まえる際に使う触手部分です。

「食感は殻付きエビみたいにシャリシャリしてます。味は一緒」

 

 

〈ふじつぼ〉の食べられる部分

箸などを使い富士山の火口部分みたいな所から身を押し出します。

これが身です。

先端部分に硬い部分があるのでそれを取り除きましょう。

これが食べられる部分です。

「食感は滑らか、味は濃厚なうま味」

「確かにこれはつまみになる。美味しいmgmg」

「オイラの分残しとけよ!」

 

まとめ

基本は「茹で」の調理になると思います。

なかなかレアな珍味ではありますが入手する機会がありましたら食べ方の参考にしてみて下さい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました