【二日酔い改善】|辛い二日酔いが改善されるかもしれない方法4選

雑記

「うぇー飲みすぎた」
「だから、あれほど控えろと」

 

こんにちは!

皆さんは【二日酔い】なったことありますでしょうか?

 

あまり飲みすぎないように気を付けていても、楽しくてついつい飲みすぎてしまい、飲んだ翌日後悔と共に体調のすぐれない一日を過ごすハメになる。

なんてことも大人になると多いかと思います。

 

今回はそんな辛い【二日酔い】の症状を緩和できるかもしれない個人的に効果のあることをまとめてみました。

よければ参考にしてみて下さい。

【二日酔い】|辛い二日酔いが改善されるかもしれない方法 4選+1

1.味噌汁を飲む

「個人的には1番オススメ」

 

この方法が1番手軽で、結構個人的には効果があると思います。

特に、コンビニなどで売られているインスタント味噌汁は味も濃いモノが多いのでオススメです。

具は何でもいいですが「しじみ」を選ぶと尚いいでしょう。

 

アルコールを飲んだことにより、尿や嘔吐などで排泄された水分補給にもなり塩分を含むことから普通の水を飲むよりも吸収されやすく、温かいので気持ちも落ち着きます。

仮に気持ち悪く食事ができなくても味噌汁位は飲めるものです。

 

「個人的には結構、激的に良くなると思う。」

 

2.スポーツドリンクを飲む

先程も述べたよう、尿や嘔吐などで排泄された水分補給にもなります。

普通の水を飲んでもいいですが、スポーツドリンクは特に飲料の中で吸収率がいいです。

水分を多くとることにより、不足した水分を補い、尿の排泄を促しアルコールを体外排泄を促すといいでしょう。

「水分補給は重要や」

 

3.飯を食う

気持ち悪い場合は無理なので仕方ありませんが、軽度の二日酔いなら食べれるなら食べた方がいいです。

 

皆さんはお酒を飲んだ翌日に「お腹が普段より空いている」なんてことはないでしょうか?

これは一概には言えませんが、アルコールを分解するにはエネルギーを使っているからです。

アルコールを分解するために普段より多めにエネルギーを消費しているので、お腹が空く要因の一つであるといえます。

 

なので失った分のエネルギーを補給するのと、今後のアルコール分解を助ける意味でも普段より多めの食事を摂ると復活が個人的には早まると思います。

 

「お米食べろ」

 

4.寝る

これも効果的ですが、何かと忙しい現代人はなかなか難しいでしょう。

特に社会人の場合、飲んだ翌日が仕事の可能性なんて大いにあり得ます。

 

もし休みで時間が取れるのであるならば、「寝る」もしくは「横になる」ことをお勧めします。

 

上記3つを行ったうえで眠ると意外にけろっと良くなってたりするものです。

 

「今日はもう寝ようぜ」

 

EX:信じる心

 

実際これが1番馬鹿にならないかもしれません(笑)

個人的には上記4つが効く」と思っています。

特に味噌汁を飲めば劇的に改善するとさえ思っているので、飲むと意外にすぐ復活します(笑)

 

これは俗に言われる「プラシーボ効果」によるものだとも思います。

でも意外にこれが馬鹿にできなくて、これを飲めば「二日酔いが良くなる」「体調が良くなる」と思って行っていると個人差はありますが、少なからず体に影響は出ます。

 

「病は気から」というう言葉があるように、気の持ちようで少し楽になるようなことは確かにあります。

ようは、この行為が「二日酔いに効く」と思えば効果が少しはあるはずです。

思うだけで改善されれば儲けもんですし(笑)

試してみてはいかがでしょう。

「疑わないことが肝やで」

 

まとめ

上記の方法は、この方法で完全に治る!というわけではありませんので、そこは注意してください。

時間と共に二日酔いは良くなっていくものなので、その手助けと思っていただければいいと思います。

 

究極な話を言えば「飲まない」もしくは「控える」が一番いのですが、なかなか難しいものです。

お酒に飲まれないように、うまく心がけてみて下さい。

 

人、酒を飲み。酒、人を飲む。気をつけなはれや!」


コメント

タイトルとURLをコピーしました