【ふきのとう】料理|〈ふきのとう〉のクリームスパゲッティの作り方

料理

「今回の食材は、【ふきのとう】や!」

「フキノトウ?」

「なんや知らんのか?しゃーない教えてあげよう。」

 

「ふきのとう」についての簡単まとめ

 

「ふきのとう」とは、「ふき」という植物の花茎(かけい)です。

「食用部分は〈つぼみ〉、花茎とは花だけつける茎のことや。」

 

ふきのとうは独特な芳香、苦みをもっていて古くから食用とされています。

主に和食の和え物や佃煮、天ぷらなどに利用されます。

 

食べる際は、天ぷらなどはそのままでも大丈夫ですが、おひたしや、佃煮にする場合は茹でこぼしをし、あく抜きをするのが良いでしょう。

 

「旬はいつなんですか?」

「春先やな。」

 

 

ふきのとうの栄養

「ふきのとう」にはフキノリドという香り成分が含まれており、消化液の分泌促進作用があり消化促進につながります。

「今回はこの独特な芳香を活かして、クリームパスタにしたいと思います。」

「ふきのとうの苦味とクリームソースは相性抜群やで。」

「おいしそう。」

 

ふきのとうのクリームスパゲッティの作り方

 

材料

 

スパゲティ 1.7mm 100~150g ※標準が100g位

 

〈ソース〉

玉ねぎ   1/4個位

ベーコン  お好きな量

ふきのとう 5〜7 個(今回は使い切りたいため10個ぐらい使用)

白ワイン  50gぐらい

クリーム  50gぐらい

※細切りチーズor粉チーズ お好みで

 

※なくてもいい。

 

作り方

1.材料の下処理

玉ねぎ

食べやすい大きさに切りましょう。

 

ベーコン

5㎜から1㎝幅に切りましょう。

 

ふきのとう

ふきのとうは灰汁(あく)が強いので、2~3回茹でこぼししましょう。

「苦味が気になる人は多めに茹でこぼしをするとええで。」

 

沸騰したら

お湯を捨て、水を注ぎまた沸騰させましょう。

これを2~3回繰り返しましょう。

途中で盛り付け用に1つ取り出しておきましょう。

 

 

水気を絞っって細かく刻みましょう。

 

2.ソースベースを作る

油を引いたフライパンにベーコンを入れ炒めましょう。

ベーコンがある程度色づいたら、玉ねぎを加え炒めます。

軽く塩を振りましょう。

先程刻んだふきのとうを加え、軽くフライパンをあおるなどして混ぜ合わせます。

白ワインを入れ、

アルコールを飛ばし、煮詰めます。

これでソースのベースは完成です。

 

3.仕上げ

パスタ(スパゲティ1.7mm)を茹でましょう。

茹で水は0.5~1%の塩水です。

茹で上がったら、温めなおしたソースにからめましょう。

火を止めるか、弱め、クリームを加えます。

弱火で加熱しながらソースを絡めていきましょう。

最後に塩とゆで汁で味を調整し、盛り付けます。

 

 

4.盛りつけ

「ひねりながら皿に盛ると綺麗に盛れるで。」

お好みで細切りチーズや粉チーズをのせるといいでしょう。

最後に先程の茹でた、「ふきのとう」をのせ、

 

完成です!!

〜ふきのとうのクリームスパゲティ〜

 

 

 

まとめ

「ふきのとう」は個体によっては苦味が強いときがあるので苦手な方は、茹でこぼしの回数を増やすといいです。

一緒に入れる具材は、ソースがクリームなのでキノコ系を入れてもいいと思います。

最後の仕上げに粉チーズ等を入れても良いですが、ソースが重くなるので好みで入れるといいでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました