【カレーの日】|たまには違うカレーが食べたい!「ほうれん草チキンカレー」の作り方レシピ

料理

「こんにちは!カレー大好きらっこックです。」

「1/22はなんと!カレーの日だったそうです!」

「知らなかったのですが、インスタやツイッターを見ていると美味しそうな写真ばかりでした!」

「写真だと食べられなくて悔しいので、作ってやることにしました!」

「なので、今回は特においしそうだった【ほうれん草チキンカレー】を作りたいと思います!」

これ↓

「普通のカレールウで作るよりさっぱりしているので、おススメやで♪」

「それでは早速作り方です。」

 

「ほうれん草チキンカレー」の作り方レシピ

材料

ほうれん草 4束

玉ねぎ 1/2個

鶏ムネ肉 240g

カレー粉 小さじ1~2

クミンシード※

ジュニパーベリー※

※なくてもいいです。

「ここで聞きなれないスパイスについて簡単に解説しておきます。」

クミンシード

クミンシード 100g 原型 ホール インド産 Cumin Seed Whole

エジプトを原産とするセリ科の植物の種子、和名はウマゼリ。

強い香りと苦味、辛みなどがあり香辛料として用いられ、インド料理には欠かせないスパイス。

 

「まぁカレーに使うことが多いかな。」

「トマトソースのパスタに入れたりすると美味しい!!」

 

 

ジュニパーベリー

ジュニパーベリー 50g スパイス ハーブ ジュニパー ベリー juniper berry じゅにぱーべりー セイヨウネズ

 

お酒の「ジン」の香りの元です。

1粒でも結構な芳香がします。

香りはウディーで、「檜)(ヒノキ)」のような香りがします。

 

「ソース、マリネなどに使うかなぁ。」

 

 

作り方

①材料の下処理

 

玉ねぎ

みじん切りにしましょう。

 

鶏ムネ肉

大きいので縦に切って、

一口サイズに切っていきます。

別に細かくても構いません、好みの大きなに切りましょう。

 

ほうれん草

下茹でをしていきます。

まとめて茹でる場合は、バラバラにならないように輪ゴムでまとめておきましょう。

根本より少し上を輪ゴムで止めましょう。

 

沸騰したお湯に塩をひとつまみ入れ、

ほうれん草を根元から入れ、茹でていきます。

全部お湯に浸したら1~2分茹でます。

茹で終わったらすぐに氷水に落としましょう。

理由としては、鮮やかな緑色を保つためです。

「緑色の元のクロロフィルというモノが加熱すると変色するから、それを防ぐためなんやで。」

 

冷めたら輪ゴムを取り外し、

ミキサーに入れましょう。

少し水を入れ、ミキサーにかければ、このようなペーストになります。

 

②カレーを仕上げる

鍋にバター(無塩)を引き、鶏肉を入れ炒めます。

.

表面が白く変色し火が通たら、玉ねぎを入れましょう。

玉ねぎがしんなりとしたら、カレー粉を加え炒めます。

全体が混ざったら、クミンシードを入れ、

ジュニパーベリーを砕きながらいれましょう。

少し混ぜたら赤ワインを入れ、アルコールを飛ばし煮詰めます。

そして、ほうれん草を加え、

生クリームを加えます。

混ぜ合わせたら、火を弱め、粉チーズを入れます。

ここで味見をして、味が薄いなら塩を入れ味を整えましょう。

③盛り付け

食べたい量のご飯を盛り、カレーを入れます。

ご飯の方にクミンシードをかけ、

カレー側に粉チーズを振って完成です!

 

ほうれん草チキンカレー

 

「動画もあるで。」

【カレーの日】「ほうれん草チキンカレー」の作り方

 

まとめ

今回はルウを使わないカレーなので普段食べているカレーとは違う感じもするかもしれませんが、本来のカレーよりあっさりしている感じに仕上がるので食べやすいです。

カレー粉の代わりにルウを使うことも可能ですが、このような緑色が出なくなる可能性があります。

 

ちなみに個人的には、ココナッツミルクを入れれば完全にグリーンカレーだと思いました。

 

スパイスは何を入れてもいいとは思いますが、クミンは入れると本格的なカレーの香りになりますよ♪

「結論。カレーは美味しい♪」

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました