【紅芯大根】についてと「紅芯大根とサーモンのピザ」の作り方

料理

「紅芯大根」についての簡単まとめ&「紅芯大根」のピザの作り方

紅芯大根とは?

原産国が中国の大根です。

形状は日本の見慣れた大根と違い、丸いカブのような形をしています。

名前の通り中心部は、きれいな紅色をしています。

 

食べ方は主に生で食べることが多く、サラダ・漬物として食べられますが、加熱して食べても美味しいです。

味は日本の一般的な大根とは違い、水分量は少なく甘みは強いです。

お酢につけると真っ赤に変わるので色も楽しめます。

 

旬は一般的には11月〜冬にかけてなので大根と同じです。

今回はこれを使って、「ピザ」を作ってみたいと思います。

 

「相変わらず、思い付きやで。」

 

 

生地から作る「紅芯大根とサーモンのピザ」のレシピ

 

材料

 

強力粉 115g

砂糖 1.5g

塩2.5g

サラダ油 25g

イースト 1.3g

ぬるま湯 65g

 

紅芯大根 1/2個

サーモン 380g

ピザ用チーズ適量

 

作り方

①ピザ生地を作る

ぬるま湯にイースト入れて、

かき混ぜておく。

 

強力粉をザルなどでふるい、

砂糖、

塩、

サラダ油を入れる。

 

ぬるま湯とイーストを混ぜ合わせておいた、液を強力粉に入れ、

混ぜましょう。

 

ある程度生地がまとまったら手で軽くこねていき、

一つにまとめます。

ラップをして、暖かい場所に置いて、発酵させましょう。

時間は温かい所なら1~2時間位でいいです。

生地の状態を確認しながら発酵させると失敗しにくいです。

 

※〈フィンガーテスト〉発酵の目安としては、人差し指に強力粉をつけ、生地の真ん中に指をさして、刺した穴が残ればOKです。

 

②具材の下処理

 

〈紅芯大根〉

縦に半分に割ります。

大きいいも個体だったので、今回は半分だけ使用します。

皮をむきましょう。

結構皮が硬いので、指を切らないように気を付けましょう。
包丁で剥くのが慣れないうちは、ピーラーやエコノムなどといった道具を使うと便利です。

 

皮を剥いたら好みの大きさに切っていきます。

今回はせっかくの紅色を活かすために、表面積を大きく厚さは薄く縦に切りました。

 

葉の部分も細かく切っておきましょう。

 

軽く塩をして、

 

全体になじませて5~10分おきましょう。

下味をつけるのと余分な水分を出す意味があります。

放置したのち、余分な水分が出てきているので、大根の水分を絞り出します。

絞った大根は別のボールに移しておきましょう。

 

〈サーモン〉

適当に食べやすい大きさに切りましょう。

刃を斜めに倒して切ると表面積が広く切れにカットできます。

 

③ピザ生地を成形

発酵が完了したら、

台に打ち粉をして、生地を麺棒などで伸ばします。

同じ方向に伸ばし続けるのではなく、1~2往復したら生地を少し回してまた伸ばす、を続けると綺麗に広がります。

広がったら、表面に穴をあけ生地が膨らまにようにします。(ピケ)

 

「使用している道具は100均にある肉叩きです(笑)もっぱら、ピザ生地作り専用や」

「持ってない場合は、フォークが便利を使うがよろし。」

 

 

生地の成形はこれで完了です。

 

④ピザを組み上げて焼く(仕上げ)

トマト缶(カット)を使うと便利です。

スプーン2、3杯を生地に塗りましょう。

塗り終わったら、ピザ用チーズをのせます。

 

まだ他にものせるので欲張って盛り過ぎないようにしましょう(笑)

 

 

次に大根をのせ、

サーモンをのせていきましょう。

 

最後にまたピザ用チーズをのせてオーブンへ。

 

250℃20分焼きます。

 

⑤盛り付け

焼き上がりはこのような感じになります。

食べやすい大きさにカットしておきましょう。

今回は8等分に切りました。

 

完成「紅芯大根とサーモンのピザ

 

まとめ

ちなみに、「ピザ」「ピッツァ」の違いは、簡単言いうと「国」「食べ方」「焼き方」の違いです。

メニュー名にもあるように、今回作ったのは「ピザ」です。

もの凄く簡単に説明しますが、そもそもの成り立ちが違う料理なのですが、認識としては、「ピザ」アメリカ 「ピッツァ」イタリアです。

 

食べ方の違いは、

「ピザ」は元の大きさが大きいので、基本的に切り分けたものを食べます。

「ピッツァ」はフォークナイフを使って基本的には一人一枚です。

 

焼き方は

「ピザ」はオーブンなどで焼かれます。

「ピッツァ」はイタリアでは基本的には、石窯で焼いたモノしか認められません。高温で短時間で焼いて仕上げます。

 

大体こんな違いです。

 

「もっと詳しく知りたい人は、Google先生に聞けばわかります(丸投げ)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました