「あしたば」について簡単まとめ|おいしい食べ方「あしたばのペペロンチーノ」のレシピ

料理

「あしたば」とは?「あしたば」について簡単まとめ&「ペペロンチーノ風」食べ方のレシピ

「こんにちは!皆さんは【あしたば】というう植物をご存知でしょうか?」

「独特な風味と少し苦味のある植物です。」

「青汁や健康食品として昔はやっていたようですが、今回はその【あしたば】を採取してきたので、せっかくなので簡単に調べてみました。」

「そして、【あしたば】を使ってペペロンチーノ風スパゲティを作ったで。」

「それでは、はじまり。はじまり〜」

 

「あしたば」とは?

 

漢字では「明日葉」と書きます。

日本原産の植物で、伊豆諸島・半島、三浦半島、暴走半島、紀伊半島に生息します。

「天ぷらや」「おひたし」「バター炒め」など、クセのある香りを抑える調理法が一般的です。

新芽を摘んでも、明日には芽が生えているくらい成長が早いことかが「明日葉」の由来です。

 

「らっこックの住んでる地域にはその辺に沢山生えてるぜ!」

栄養素

栄養素としては、「抗発がん作用」「動脈硬化予防」で知られるβカロテンがほうれん草よりも多く、美容にもいいビタミンCをわりと多く含んでいます。

また抗酸化作用のあるカルコンや、食物繊維も豊富に含んでいるのでなかなか優秀な野菜です。

健康食品としても色々売られていたりします。

 

「意外と優秀やん。」



 

食べ方

旬は春で、「新芽」を食べます。

独特な香りと、苦みや渋みが少しあるので冒頭にも述べたように、「おひたし」「天ぷら」「和え物」として食べられ非常に美味しいです。

 

今回はこの香りを生かして料理できないか考えた結果、「ペペロンチーノ風あしたばスパゲティ」を作ってみました!

 

「あしたば」を使ったレシピ|「ペペロンチーノ風あしたばのスパゲティ」の作り方

 

「あしたば」は独特な香りがあるので、その風味を生かすためあえてニンニクは使わず、オイル系のソースでシンプルに仕上げてみました!

 

材料

あしたばの新芽 4~5本

ベーコン 適量

オリーブオイル

鷹の爪(唐辛子)

 

スパゲティ 150g(大盛り)※バリラ 1.7mmを使用

 

作り方

①各材料を下処理

あしたば

 

あしたばは洗ったら熱湯をかけ1~2分お湯に浸しておきます。(1~2分)

全体的にしんなりしたら水気を絞りましょう。

 

熱すぎて触れない場合は、水をかて冷ましたりしても良いです。

食べやすい大きさにカットしていきます。

茎は細く切り、

葉は大きめに切りましょう。

 

ベーコン

食べやすい大きさに切れば何でもいいです。

今回は厚いベーコンを使ったので縦に半分に切った後、細切りにしていきました。

 

②ソースを作る

まず、パスタを茹でる用のお湯(塩水0.5~1%)を作っておきます。

塩を入れ沸騰したら火をとめておきましょう。

 

フライパンにオリーブオイルを入れ、

鷹の爪(唐辛子)を入れたら火にかけます。

鷹の爪は辛くしたければ種を入れ、逆に辛いのが苦手な場合は種を入れないと、良いです。

中火位にかけ、加熱します。

音がしてきたら、ベーコンを入れて炒めましょう!

焦がさないように注意♪

ベーコンが炒まったら、あしたばの「茎」は全て入れ、「葉」は少し残しておきましょう。

あしたばは簡単に火が通るので、先程最初に作った、パスタを茹でる用のお湯を少し入れます。

お湯を入れたら、すぐにフライパンを振り【乳化】させましょう。

※【乳化】水と油を混ぜ合わせること

少し加熱し水分を飛ばしたら、ソースは完成です。

 

③スパゲティを茹でる

沸騰したお湯にスパゲティを入れます。

全体をお湯に浸かるようにしたら、

沸騰させながら茹でましょう。

全体が沸きスパゲティが中で対流うしている、お湯の量、火力が理想的です。

 

④仕上げ

ソースにスパゲティのゆで汁を少し加え、温めます。

ソースが温まったらスパゲティを入れ、

フライパンをあおり、ソースを絡めます。

 

最後にエキストラバージンオリーブオイルを加えます。

火を止め、フライパンをあおって、混ぜ合わせましょう。

 

⑤盛り付け

皿の中央にまとまるようにひねりながら盛ります。

 

最後に残しておいたあしたばをのせて、完成です。

 

 

「ペペロンチーノ風あしたばのスパゲティ」

 

まとめ

あしたばは、簡単に火が通るのでそこまで加熱する必要はありません。

軽く茹でても良いですが、お湯に浸けるだけでも充分です。

 

香りは本当に独特なので余計なモノを足さず作ることで、あしたば本来の香りを楽しめます。

スパゲティのソースとしても相性はいいです。

 

新芽を使うことにより、苦味・渋みは特に感じません。

余り育ちすぎているモノを使うと結構苦かったりします。

好みや、量に合わせて使うといいでしょう。

 

良かったら参考に作ってみて下さい♪

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました