七草粥の食べる日は?|「七草粥」の作り方と「春の七草リゾット」作ってみた

料理

「こんにちは。今年も七草粥の季節がやってまいりました。」

 

今回は「七草粥」について簡単にまとめ&「七草粥」の作り方と、「イタリアン風七草粥(リゾット)」を作ってみまたのでその作り方レシピです。

 

「七草粥」について簡単まとめ

正月が明けたら大体食べる「七草粥」なぜ食べる?七草の種類は?食べる日付に決まりはあるの?そんな疑問を解決!!

 

七草粥はなぜ食べる?

そもそも七草粥はなぜ食べるのかというと意味合いとしては、「1年の無病息災・招福祈願」の意味合いがあります。

また、「正月料理で疲れた胃を休め、通常の食事に戻す区切り」として考えられています。

 

七草粥の由来は、日本の文化と思われがちですが、古く中国から伝わりました。

 

七草粥はいつ食べる?

1月7日です。

実は固定で「人日(じんじつ)の節句」の毎年1月7日になっています。

 

基本的にはに食べますが、別に朝でなければいけないというわけではありません。

 

七草粥の七草は何?

皆さんは、春の七草わかりますでしょうか?

そんなに難しいモノではないです。

らっこックはこの順番が語呂いいので、なんとなく覚えています(笑)

セリ

ナズナ

スズナ

スズシロ

ホトケノザ

 

ゴギョウ

ハコベラ

です。

名前だけ見るとなんのこと?と思いますが実は以外に知っているモノだと思います。

簡単に詳細です。

 

セリ

これはスーパーにも売っているので見たことがある方もいるかと思います。

シャキッとした食感があり独特な香りがあります。

個人的には大好きです。

湿地、あぜ道など水分が多い土壌に良く見られます。

ただ注意しないといけないのは、毒をもつ「ドクゼリ」というモノが存在するので、なるべく販売されているモノを食べるようにしましょう。

ナズナ

別名:「ペンペングサ」とも呼ばれます。聞いたこともある方もいるのではないでしょか?

基本的には、若苗を食用にするので、「ペンペン」する部分は食べません。

スズナ

はい、そうです、「カブ」のことです。

「スズナ」とはカブの昔の呼び名です。

カブの根が「鈴」に似ているということからという説があったりします。

スズシロ

はい、「大根」です。

「スズシロ」も昔の呼び名ですね。

語源も諸説あるようですが、「清白」とも書くので見た目からきた由来でしょう。

ホトケノザ

小鬼田平子(こおにたびらこ)というキク科の植物です。

若苗を食用とし、田んぼやあぜ道に生えています。

タンポポに似ています。

ちなみに冬の間、赤紫の花が咲いている「ホトケノザ」は春の七草ではありません

ゴギョウ

別名:母子草(ハハコグサ)と呼ばれ、若い茎、葉を食用にします。

葉や茎全体には、白い綿毛のようなものが生えているのが特徴です。

ハコベラ

余談ですが、七草粥セットみたいなのを買ったのですが、他の七草に比べて入ってる量おかしくね?(笑)

 

まぁそれはさておき、春に田舎なら道端によく生えています。

中国では薬草として使われ、「歯槽膿漏(しそうのうろう)」「虫歯」予防に使われたりするようです。

 

では簡単に詳細を確認したところで、実際に「七草粥」作ってみましょう。

 

「七草粥」作り方

本来は、「粥」というモノはお米から水を多めで炊くものです。

が、めんどくさいのと手間がかかるので、今回は「ご飯」から作りたいと思います。

余ったご飯などでもできるので、エコロジー♪

 

材料

 

春の七草

ご飯 お椀1杯

かつおぶし

 

作り方

①七草を切ります

セリ

適当に刻めばいいです。

 

ナズナ

ナズナも同様に適当に刻みましょう。

 

スズナ

根っこは、火がすぐ通るように薄く切ります

葉の部分は刻んでおきましょう。

 

スズシロ

スズナ同様、根の部分は薄く切りましょう。

茎の部分も小さめに切っておきます。

 

ホトケノザ

適当に刻む

 

ゴギョウ

他の七草と同じように刻みましょう。

ハコベラ

適当な大きさに刻みましょう。

切り終わったら一まとめにし、混ぜておきましょう。

 

②仕上げ

ご飯を鍋に入れて、

鰹節を振りかけましょう。

これは出汁代わりにするので、入れなくてもいいです。

塩で味付けましょう。

好みで醤油などを入れてもいいです。

水をご飯の半分浸かる位まで入れ

しゃもじなどで、ほぐします。

加熱をし沸騰させましょう。

中火位でいいです。

こびりつかないようにたまに混ぜるといいです。

ある程度煮詰め、ご飯と水分がヒタヒタになったら火を止め、七草を入れます。

弱火で加熱しながら軽く混ぜ合わせ、

火を止め、蓋をします。

5分位放置、七草に予熱で火を通します。

 

③盛り付け

茶碗などに盛り付け、

少し、生の七草を乗せ

 

完成!!

「ご飯から作る七草粥」

 

これで完成なのですが、七草が残っているのでついでに「イタリアン風七草リゾット」を作りたいと思います!

 

おまけ:【本格!イタリアン】「七草リゾット」の作り方

「お粥」の胃にやさしいとは程遠い、本格イタリアン 「七草リゾット」 作ってみましょう!

めんどくさいけど実は家庭でも作れます。

少し難しいけどね!

お米をアルデンテに仕上げます。

七草リゾットの材料

米 1カップ

玉ねぎ1/2

白ワイン

バター(無塩)

コンソメスープ 1.5ℓ(全部は使わない)

バター20g

七草

粉チーズ

 

作り方

①コンソメスープを作る

水にコンソメを加え混ぜておきます。

 

沸騰させたら火を止めておきましょう。

 

②玉ねぎをみじん切り

今回はみじん切りのやり方は割愛。

 

③材料を炒めましょう

バターを溶かした鍋に玉ねぎを入れ

中火位で炒めます。

玉ねぎにある程度火が通ってきたら、

白米を洗わずそのまま入れます。

そのまま軽く炒めましょう。

手の甲などで触って米が熱くなっていたら、

白ワインを加え、煮詰めます。

 

④炊いていく

白ワインのアルコールが飛び、煮詰まったら①のコンソメスープを加えていきます。

とりあえずは米ヒタヒタ位まで入れ、常に少しポコポコ沸いている状態の火加減にし、煮詰まったらコンソメスープを加える。

煮詰めてスープを加えるを繰り返し、約15〜20分かけて炊いていきます。

この作業をしている間は基本かかりきりでやりましょう。

15〜20分したら1度米を食べ、少し芯が残っているくらいが、「アルデンテ」です。

仕上げに入りましょう。

 

仕上げ

①七草を加える

七草を入れ

軽く混ぜましょう

 

②バター「モンテ」する

バターを入れゆっくり溶かしていきましょう。

これは、冷蔵庫から取り出したバターを使用します。

 

バターを「乳化」させ、コクとツヤを出す意味があります。

常温のバターだと直に溶けてしまい「乳化」せず、逆に脂っぽくなってしますので注意しましょう。

バターが溶けきったら軽く混ぜ、盛り付けへ

 

盛り付け

皿に入れ

下から叩いて少し平らにします。

七草を乗せ

粉チーズを振ったら完成です。

 

「春の七草リゾット」

 

 

まとめ

「粥」米から炊かなくてもできるので、ご飯を再利用するといいでしょう。

味付けは好みで構いませんが、白っぽい感じの仕上がりにしたいならば、塩のみの味付けが良いでしょう。

 

「リゾット」は今回は「コンソメスープ」を使ったのですが本来は、【鶏の出し汁】で作るのでもっと本格的にしたい人は、ガラから出汁を取ればもっと本格的になります。

和風の昆布、カツオ出汁なんかでも大丈夫です。

色々試してみるといいと思いでしょう。

 

これからますます寒くなってくるので、「粥」のようなものは体にしみますね♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました