【金時草(きんじそう)】を使った料理作り方レシピ〜天ぷらとイタリアン〜

料理

「明けましておめでとうございます」

パソコンいじってったら、年が明けていた、らっこックです(涙)

 

新年1発目の記事なのですが、特別なモノを作るわけではありません(笑)

 

今回は、野菜「金時草(きんじそう)」というモノを頂いたので、それを使った料理です。

「金時草」で2品、作りたいと思います。

 

まぁ縁起の良さそうな名前の野菜なので新年1発目にはいいのではないでしょうか?

それではいってみましょう!

 

【金時草(きんじそう)】と干し柿の天ぷら&金時草のクリームパスタの作り方

ボールに入っているモノが「金時草(きんじそう)」です。

最初に簡単に「金時草」についての情報です。

 

金時草とは

金時草とは、別名「シキブソウ」「スイゼンジナ」とも言われています。

菊科の植物で、熱帯アジア地域に生息する多年草です。

見た目は、表が緑色、裏面は紫色という面白い構造をしています。

 

一般的には日本では、石川、熊本、沖縄などのローカルな野菜として食べられています。

基本的な食べ方は、味噌汁、お浸し、天ぷらなどがあります。

 

栄養はβカロチンが豊富で、アントシアニンなども含まれます。

「抗酸化作用」いわゆる、老化防止や若返りが期待できるかもしれません。

他にもビタミンCを含んでいたりするので、栄養が豊富な野菜といえます。

 

1品目:金時草と干し柿の天ぷらの 材料

  • 天ぷら粉 適量
  • 炭酸水  適量
  • 干し柿 1個 今回は半分に切りました
  • 金時草 食べたいだけ

作り方

①材料に打ち粉をする

金時草、干し柿に薄力粉を簡単にまぶしておきましょう。

これをすることにより、衣の付きすぎを防ぎます。

 

②天ぷら粉に炭酸水を加えて、衣を作りましょう

炭酸水でなく水でもいいですが、炭酸水の方が仕上がりがサクサクになります。

 

③衣をつけて180~190℃位の油で揚げていきましょう

元々、そのまま食べられるモノなので衣が上がればOKです。

 

④少し油を切りましょう

 

⑤盛り付け

 

完成 「金時草と干し柿の天ぷら」

金時草は、香りは「春菊よりも上品な香り」という感じの野菜です。

天ぷらにすると、ほんのり香りがして美味しいです。

 

「干し柿」の天ぷらは、凄く甘いサツマイモの天ぷらみたいです。

スイーツとしてたべてもOKです。

 

2品目:「金時草のクリームパスタ」材料

〈クリームソース〉

  • 玉ねぎ小 1/2個
  • ベーコン適量
  • 金時草 食べたいだけ
  • クリーム 適量
  • チーズ 適量

スパゲティ 100g(※1.7mm)

 

作り方

①玉ねぎ、ベーコンをカットしましょう

玉ねぎは芯を取って

5㎜幅位にカットします。

 

ベーコンも食べやすい大きさにカットしましょう

 

②材料を炒めます

油をひいたフライパンにベーコンを入れて炒めましょう。

次に玉ねぎを炒めます。

ベーコンと玉ねぎに日が通たら、

金時草を加え、

白ワインをいれましょう。

金時草がしんなりしたら火をとめます。

 

③パスタを茹でましょう

塩水0.5~1パーセント位のお湯を沸かします。

沸騰したらスパゲティを入れましょう

茹でます。今回は(バリラ1.7mm 7分)

 

③ソースと和えましょう

茹で上がったスパゲティを加えたら、すぐにクリームを入れましょう。

今回は植物性のクリームを入れましたが、動物性の方が美味しいです♪

植物性のクリームだとあっさりしすぎるので、ピザ用チーズを加えます。

 

④盛り付け

最後に生の「金時草」をのせたら完成です。

 

完成:「金時草のクリームパスタ」

 

 

まとめ

金時草と干し柿の天ぷらは、サクサクに衣を揚げるコツとしては、天ぷら粉を炭酸水で溶くことです。

後はしっかりと、高温の油で揚げれば、サクサクにできます。

これは他の天ぷらでも使えるので便利です♪

 

「金時草クリームパスタ」は金時草とクリームの相性がいいだろうと、思い作ってみました!

やはり相性はばっちりです。

金時草の香りと、クリームの濃厚さが抜群なソースです。一度試してみて下さい。

金時草はほとんど火を通す必要もないので、クリームを入れてから入れても大丈夫です。

お試しあれ!

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました