【天草】を使ったレシピ|贅沢!簡単!!美味しい「天草コーヒーゼリー」の作り方

料理

皆さんは「天草」とい海藻を知っていますか?

「寒天」と言えばなじみがあるかもしれませんが、実はその原料であり、つるんとした食感が人気の「ところてん」などの原料でもあります。

現物を見たことがある方は少ないかもしれませんが、実は「天草」は少しで結構な量の「ところてん」を作ることが可能だったりします。

今回は、この珍しい「天草」を使ったレシピになります。

  • 「天草」を使ったレシピを知りたい!
  • 「天草」を使って、ところてん以外作れないか?

など

とお考えの方は参考になると思うので読んでみて下さい。

~導入茶番~

久しぶりに実家に帰ったのでお土産持ってきました。

どうぞ

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は Snapshot_264-300x169.png です

えっ?ナニコレ?

「天草」です。

いやぁ見りゃわかるけど、これ原料!!
昆布、ワカメなら寝るとき使えるけど。

これで、何か美味しいモノを作って下さい、「ところてん」以外で。

そこ縛るの!えッ?なに嫌がらせ?

よろしくお願いします。

上等や!やったろうやない!!

贅沢【天草】コーヒーゼリーの作り方

ところてん以外だとコーヒーゼリーがオススメや

材料

天草 25g

水  1ℓ

砂糖 110g

コーヒー豆 25g

作り方

天草を煮出す

①天草を軽く洗う

水に天草を浸し、軽くもみ洗いします。

ザルなどにあげ、水を切っておきましょう。

②天草を煮る

鍋に水を入れ、

天草を入れましょう。

酢を小さじ1、入れます。

入れたら火にかけましょう。

※酢を入れることで、抽出しやすくなります。

沸騰したら、15分位煮ます。

ザルでこして、液だけにしましょう。

これを冷まして固めれば、「ところてん」になります。

コーヒーを抽出する(ペーパードリップ)

お湯に溶くタイプのインスタントコーヒーならもっと楽ちんやで♪

ローストは濃いめの豆を使用しましょう。

今回はフレンチローストの豆25gで300ml位の濃いめに、抽出します。

①フィルターにコーヒー粉を入れる

紙フィルターをお湯で濡らしておくと、フィルターとドリッパーが密着します。

やらなくてもいいです。

お湯は捨てます。

豆を紙フィルターに入れましょう。

ムラなく抽出するために表面を平らにします。

ドリッパーを軽く振るか、叩くといいでしょう。

②コーヒーを蒸らす

少量のお湯を注ぎ、20秒ぐらい蒸らしましょう。

③お湯を注ぎ抽出する

コーヒー粉の中心に「の」の字を書くようにお湯を注ぎます。

数回に分けて抽出しますが、少量のお湯で持続的に注いでもいいです。

お湯を注いだ時にできるコーヒー粉の盛り上がりが、フィルターに当たらない位の湯量で注ぎましょう。

大体300ml位のコーヒーがあればよいです。

材料を混ぜ合わせる

①天草の抽出液に砂糖、コーヒーを入れる

グラニュー糖を入れましょう。

ホイッパーなどで攪拌します。

コーヒーを入れましょう。

混ぜ合わせます。

②型に入れ冷やし固める

液を型に注ぎます。

粗熱を取るために、バットに氷水を張りましょう。

表面の泡をスプーンなどで、すくいましょう。

粗熱がとれたら、冷蔵庫で冷やします。

仕上げ

固まったコーヒーゼリーをスプーンなどで崩します。

アイスクリームを乗せましょう。

最後に周りにミルクをかけたら完成です。

完成:贅沢【天草】コーヒーゼリー

まとめ

【天草】で作りましたが、当然「寒天」でも、「アガー」でも、「ゼラチン」でもいいです。

ただしそれぞれ抽出温度に気を付けましょう。

天草は寒天と同じなので加熱する際は沸騰させます。

過去記事:今更聞けない!【ゼラチン】と【寒天】の違いとは?料理初心者に向ける「料理講座」第5回目 

寒天同様、冷めればすぐに固まるので、時間はかかりません。

今回の分量の砂糖は十分な甘さが出る分量なので、コーヒーゼリーにシロップをかける必要はないです。

お好みで調整してみて下さい。

天草がなかなか手に入りずらいかもしれませんが、入手出来たら是非作ってみて下さい♪

これは!!
天草の香りとコーヒーの香りが合わさって本来の「コーヒーゼリー」よりも香り豊かな仕上がりになっていて美味しいです!
アイスクリームもとても相性がよく最強の組み合わせですね。

ねぇ、お土産なんだよね?なんでナマモノが食ってんの?

みんなも美味しいので是非参考にしてみてくだされ。

捌くぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました