【あん肝】をアレンジ料理|牛肉とあん肝のフォアグラ風ソテーの作り方

料理

こんにちは!今回は「あん肝」手に入ったので、せっかくなので「牛肉とあん肝のフォアグラ風ソテー」を作ってみたいと思います!

わりと簡単にできるので良かったら、参考に作してみて下さい。

牛肉とあん肝のフォアグラ風ソテーの作り方

あん肝を蒸してからソテーし、牛肉もステーキします。

ソースは赤ワインとポン酢です。

 

材料

あん肝 3〜4個

牛肉 お好みで(今回は500g使用1人前にしては多すぎです)

小麦粉

※ポン酢

※赤ワイン

こしょう

(※はソース)

作り方

①あん肝の掃除

 

塩水などで洗い、水気を切ったら、包丁などで血管や変色している部分を取り除きましょう。

臭み取りに、日本酒をかけます。

 

②あん肝を蒸す

ラップであん肝を1つにします。

アルミホイルで包みましょう

蒸し器を使って蒸していきましょう。

水は蒸し器の上までこないようにします。

鍋のお湯が沸騰してから、あん肝を入れ蓋をしましょう。

強火で5分

中火で15分位です。

加熱が終わったら、冷ましましょう。

冷めたら冷蔵庫で冷やします。

固まったら取り出します。

 

③あん肝を切る

ひと塊になっていますが切ると崩れます。

特に問題はないので、食べやすい大きさに切りましょう。

 

 

④牛肉の下処理

牛肉を軽くたたきます

塩・こしょうをして下味をつけましょう

 

⑤あん肝に下味をし小麦粉をふるう

あん肝に塩・こしょうをしましょう

 

全体に小麦粉をまぶし、いらない粉は落としましょう。

 

⑥あん肝をソテー

バター(無塩)をフライパンで溶かします。

あん肝を入れ、表面がこんがり焼けるよう加熱し色づいたら裏返します。

火は通ているので表面が焼ければOKです。

 

牛肉をステーキする

バター(無塩)をフライパンで溶かします。

バターが溶け色が変わったら肉を入れます。

表面を焼き固め、色づいたらもう片面も焼きましょう。

⑧ソースを作る

肉を焼いたフライパンに赤ワインを入れ煮詰めます。

 

 

ポン酢を入れ少しにつめましょう。

盛り付け

あん肝をのせます。

牛肉を盛り

ルッコラをのせ、ソースをかけます

 

完成「牛肉とあん肝のフォアグラ風ソテー」

 

まとめ

あん肝は蒸して冷やし固めたなら、それをポン酢で食べれば、居酒屋などで出てくる「あん肝」と同じです。

今回はそれにひと手間加えた形になります。

肉のステーキはおまけのようなものなので、なくてもいいです。

ソテーしただけでも絶品ですよ♪

 

あん肝のコツとしては、掃除をしっかりやらないと生臭さが残ってしまうので、しっかりと掃除しましょう。

 

ソテーもステーキも火通しは、基本的には最初強火。

焼くもの入れて少し経ったら中火にすれば、表面が焼き固まり、旨味を中に閉じ込めることができます。

 

ソースは何でもいいです。お好みで考えてみて下さい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました