【無水調理】は普通の鍋で可能なのか?|普通の鍋で「無水モツ鍋」の作ってみた!

料理

「無水鍋」を普通の鍋でできるか知りたい方へ

「無水鍋」を普通の鍋でできるんでね?と思ったことはありませんか?

本記事では、

  • 「無水鍋」って普通の鍋でできるの?
  • 普通の鍋で作る「無水鍋」の方法が知りたい!
  • そもそも、「無水鍋」ってなんぞ?

と思っている方向けの記事になっています。

よければ参考にしてみて下さい。

何やら鍋料理でも【無水鍋】なるモノが流行っているらしいで

みたいですね。でもあれって専用の鍋じゃないとできないんですよね?

結論から言えば、できなくはない。

なんと気になります是非教えて下さい!!

おけ。では今回は無水鍋を普通の鍋で作る方法を解説しよう。

「無水調理」について

そもそも【無水調理】とはなんぞ?

「無水調理」とは

「無水料理」などと呼ばれ、食品そのものの水分のみで行う調理(料理)です。

水を加えず、加熱することにより加熱時間が短縮されます。

蓋と本体が密閉される構造の鍋が必要とされます。

特にこの、蓋が密閉できてるかどうかがとても重要になるんや

そうなんですね。

でもなんで、わざわざ水を入れない調理法をわざわざするんですかね?

それはな、メリトがいくつかあるからや

「無水調理」のメリット

1.栄養素を逃がしにくい

野菜に含まれるビタミンは、水溶性という種類のモノがあり、ビタミンB1、B2、B6、B12、C、ナイアシンetc..があります。

名前の通り「水」に溶けるので、野菜などを茹でた汁を捨てる場合は、ビタミンも捨てられていることになります。

しかしながらこの「無水料理」食品独自の持つ水分のみで調理するため、ビタミンや旨味をあまり損なうことなく料理できると言えます。

あくまで本来の調理法に比べて栄養素を逃しにくいってことや

ふむふむ。

2.ヘルシーで素材の味を活かせる

食材独自の水分で調理するため、余計な水分が足されず、素材の本来の味で調理できるといえます。

また特に余計なモノを加えることをしないので仕上がりもヘルシーな仕上がりになると言えます。

シンプルイズベストってことやね

3.エコで短時間調理 

水分が少ないので当然加熱時間も短くなります。

電磁調理器やガスコンロでも使うエネルギーは少なくなります。

エコロジー

だいたいわかったところで、次は無水調理を行う上での注意すべき点や

注意すべき点?

「無水調理」を行う際の注意点

1.蓋と本体が密閉され鍋が必要

食材独自の水分で料理するということは、当然ながら食材の水分を加熱によって逃がさないようにする必要があります。

そのため蓋と本体が「密閉」できる鍋が必要です。

2.火加減に注意

食材独自の水分で調理するため、水分が少なく、火加減が強いと焦げてしまう可能性が高いと思います。

「弱火〜中火位」をキープするのが良いでしょう。

水分がないということは焦げやすい。
なので、弱火でじっくり火を通すのがコツやね。

では実際に普通の鍋で作った【無水鍋】のレシピです

普通の鍋で「無水モツ鍋」の作り方レシピ

普通の鍋でやるにしてもある程度の蓋の密着度は必要やで。

材料

水分が多めな野菜をチョイスしました

「無水もつ鍋」 2人前位

もやし 1袋

キャベツ 1/4

えのき 1房

ニラ  1束

もつ 180g

味噌 適量

作り方

1.具材を切る

「えのき」は石突を切ってほぐしましょう。

「キャベツ」は芯を落とし食べやすい大きさにカットします。

「ニラ」も食べやすい大きさに切っておきます。

2.鍋に具を入れる

鍋に具材(もやし、えのき、キャベツ)を詰めます。

詰めたら軽く塩を振っておきます。

味付けというよりは、塩によって野菜の水分を出やすく意味合いが強い

3.加熱と味付け

弱火にかけましょう。

段々と水分が出てきます。

中が気になりますが、蓋は極力開けないようにしましょう。

野菜から水分が出てきて、グツグツ音がしてきたら、モツを素早く入れましょう

ずっと弱火です。

「味噌」も味付けで入れておきましょう

少し加熱をし、最後に「ニラ」入れて、しんなりするまで加熱します

完成:普通の鍋で作る「無水モツ鍋」

仕上がりは、水分が少ない「モツ鍋」という感じです。ちゃんと火も通っています。

普段の鍋より、旨味が凝縮された感じの仕上がりや。

まとめ

普通の鍋で「無水鍋」をやる際の失敗しないためのコツは、

●蓋はある程度の密着度があるモノを使う

●水分の多めな食材を選ぶ

●弱火で極力蓋を開けないで調理

「火加減について」

終始弱火で加熱したので焦げることはなかったですが、入れるものにもよりますが時間はかかります。

これではメリットで述べた「エコで時短調理である」と矛盾してしまします。

作るなら、結局は専用の鍋が良いとは思います。

まぁだから専用の鍋が世の中にあるんやね

「味」

味としては、とても美味しく完全に「モツ鍋」です。

むしろ余計な水分等が入っていないので、味が凝縮されてる感じなので、普通の「モツ鍋」より個人的にはおいしいです♪

ただ、「鍋料理」としては汁気はほとんどないですが(笑)

汁気が少ないので丼ものにするといいかもです。

ついでなんで、「丼」作り方も載せておくで。

「無水モツ鍋丼

1.ご飯を準備

2.「無水もつ鍋」を盛って七味をかける

完成:『無水もつ鍋丼』

mgmgこれはうまい!!

ごちそうさまでした、美味しかったです。

いつも通り全部食いおって、残しとけよ!ナマモノめ、鍋にするぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました