【悪魔のおにぎり】|再現アレンジレシピ「悪魔のおにぎりと鶏肉の悪魔風」

料理

こんにちは。近くにローソンが存在しないので、今更ながら「悪魔のおにぎり」を手に入れました。

食べてみましたが、人気なのも納得です。

せっかくなので今回はこの「悪魔のおにぎり」を再現で作って、尚且つアレンジしたいと思います。

それでは、作り方です。

 

「悪魔のおにぎり」作り方

「悪魔のおにぎり」の原材料を見ると、ご飯、天かす、青のり、めんつゆと書かれています。

それを元に再現してみましょう。

動画

「悪魔のおにぎりと鶏肉の悪魔風」作ってみた

 

材料

ご飯 食べたい分量

青のり 適量

天かす 適量

めんつゆ 適量

 

作り方

①ご飯に材料を全て入れましょう

麺つゆは入れすぎると、おにぎりにできなくなってしまうので、様子を見ながら入れましょう。

他の具材はお好みの量でいいと思います。

 

②混ぜ合わせましょう

全体が混ざるよう、混ぜましょう。

 

完成

これを、おにぎりにすれば完成です。

が、それでは色々と他の方々が書いている記事と変わらないので、これを使って更に「悪魔っぽく」してみたいと思います。

 

「悪魔のおにぎりと鶏肉の悪魔風」の作り方

材料

先程作った「悪魔のおにぎり」 食べたい量

鶏モモ肉 300g

ジャガイモ 1個

インゲン 5~6本

 

〈ソース〉

クリームシチューのルウ 1個

食用色素 赤・青

 

作り方

下処理

①鶏肉を半分に切りましょう

 

②鶏肉にオリーブオイルをかけマリネしておきましょう

肉の臭みけしの意味合いがありますが、やらなくても大丈夫です。

塩コショウもしておきましょう。

 

③ジャガイモの皮をむき切りましょう

包丁、またはピーラー、エコノムなどを使い皮をむいておきましょう。

ジャガイモは5㎜〜1㎝位の厚さに切ります。

 

肉の火通し

①油敷いたフライパンをよく温めます

 

②鶏肉は皮面を下にして焼いていきましょう

上から強めに押さえ皮面をしっかり焼きます。

火力は中火ですが、若干強めです。

皮面を焦がさないようにたまに見ながら焼いていきましょう。

良い色が付き、皮面がパリパリになったら裏面も焼いていきます。

※この際蓋をしてしまうと、せっかくの皮面のパリパリ感が無くなってしますので、そのまま焦がさないように焼いていくと良いです。

 

野菜の火通し

①じゃがいもを焼いていきましょう

少し多めの油でジャガイモを焼いていきます。

色づいてきたら、ひっくり返し両面を焼きます。

焼けたら、キッチンぺーパーを敷いた更にあげておきます。

 

②冷凍インゲンを炒めましょう

炒め終わったら、軽く塩をしておきましょう。

 

ソースを作りましょう

①食用色素を混ぜておきましょう

食用色素 赤・青 を使い 禍々しい色になるように混ぜておきます。

悪魔っぽい色にしておきましょう。

今回は紫っぽい感じにしてみました。

②ソースベースを作りましょう

フライパンや鍋などでお湯を沸かし、そこにクリームシチューのルウを入れます。

 

完全に溶かしましょう。

 

③ソース仕上げましょう

そこに先程の食用色素を入れましょう。

煮詰めたら完成です。

 

盛り付け

①丸いおにぎりの形にし、皿に盛り付けましょう

 

②次に長細い棒状のおにぎりを2つ作ります

 

③ソースで翼を書きましょう

 

④鶏肉を食べやすい大きさに切りましょう

 

⑤ポテト、インゲンを盛り付けましょう

 

 

 

⑥鶏肉をポテトの上に盛り付けましょう

 

⑦最後にチーズで作った目、海苔で作った口で飾り付けましょう

 

完成

「悪魔のおにぎりと鶏肉の悪魔風」

 

まとめ

「悪魔のおにぎり」は再現なので、本物と全く同じにはできませんが簡単に作ることができます。

 

メニューの鶏肉の「悪魔風」とは、聞いたことある方もいるかもしれませんが、「ディアーヴォラ」とか「ディアボロ風」とも言われます。

どこが「悪魔風」なのかというと、諸説ありますが、1つは鶏を開いた状態が悪魔に似ていることから、業火で焼かれた罪人のうように焼くという由来があります。

いずれにしろこの「悪魔風」という料理の場合は、表面をカリッと焼きあげること指します。

「悪魔のおにぎり」も「鶏肉」もクリーム系のソースと相性がいいと思います。

良ければ参考に作ってみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました