リンゴのアレンジメニューその1|おしゃれな【薔薇風リンゴ飴】の作り方レシピ

料理

こんにちは、最近「リンゴ」を頻繁に頂くのでさすがに飽きてきた、らっこックです。

なので今回から2回に分けて、リンゴを使って何か作っていきたいと思います。

 

今回は「リンゴ飴」です。

ただし普通に作っても面白くないので、「おシャンティ(おしゃれ)」な感じにしてみました!

名付けて、【薔薇(ばら)風リンゴ飴】です。

では作っていきましょう!

 

おシャンティな【薔薇風リンゴ飴】の作り方

動画

Candy apples〜Rose ver〜/リンゴ飴〜ローズver〜

材料

リンゴ 1個

砂糖 180g

水90g

食紅 1匙

 

作り方

リンゴの下処理

①リンゴの芯をくり抜きましょう

「エコノム」などで芯をくり抜きましょう。

 

②リンゴを薄く切っていきましょう

半分に切りましょう。

切った面を下にして1mm位に切っていきましょう。

 

③リンゴを茹でしましょう

砂糖を3gを入れましょう。

コップ1杯ぐらい水を入れましょう。

リンゴが柔らかくなるまで茹でましょう。

水気を切って冷ましましょう。

クッキングシートなどで水気取りましょう。

 

④薔薇の形に成形しましょう

7枚くらいずらして重ねましょう。

端から巻いていきましょう。

これで「薔薇」になります。

 

コーティング用の「飴」の作成

①食紅を専用匙で1杯入れましょう

②水を入れましょう

 

③色が均一になるように混ぜましょう

④火にかけましょう

以後混ぜなくていいです。

⑤沸騰したら弱火で8分くらい煮詰めましょう

完成

 

仕上げ

①飴をかけていきましょう

弱火で火にかけている状態で、飴をすくってかけていきましょう。

②冷蔵庫で固めましょう

少し冷まして、冷蔵庫に入れましょう。

 

お皿に盛りつけたら完成です。

 

まとめ

リンゴを薔薇の形にするのは比較的簡単だとは思います。

カット幅が厚くてもあまり綺麗な薔薇になりませんが、薄すぎても崩れやすいので、1mm位が良いと思います。

 

飴のコーティングはなかなか難しいです。

飴のコーティングが厚くなりすぎないようにするのと、気温が寒いと固まり始めるので、素早く作業するのが成功の道です。

もたもたしていても、今度は飴が煮詰まってくるので、気を付けましょう。

飴は100℃以上の熱さになっているので、火傷には充分に注意してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました