【料理基礎】|とりあえずこれは覚えよう!「玉ねぎのみじん切り」の方法解説(初心者様向け)

料理の基礎

【料理の基礎】ともいえる「玉ねぎのみじん切り」の方法です。

とりあえず料理を始めたばかりの初心者様は覚えておいて損はありません。

できるだけわかりやすく解説していきたいと思いますので、良かったら参考にしてみて下さいね!

~導入~

らっこックさん、「玉ねぎのみじん切り」はどうやったらいいんでしょうか?

そんなもん簡単やん。
まず、業務用スーパーに行って「みじん切りの冷凍玉ねぎを買ってきます」
以上!

おい、真面目に教えろや海獣。

いやぁあれ便利なんよ。「冷凍みじん切り玉ねぎ」。
まぁ確かに「玉ねぎのみじん切り」は料理の基礎としては、覚えておいて損はない切り方やね。

しゃぁない教えたるわ。

とりあえずこれは覚えよう!「玉ねぎのみじん切り」の方法解説(初心者様向け)

方法

まず事前に玉ねぎの皮は剥いておくんやで。そしたら縦半分に切っておくんや。

1.切り込みを入れる

玉ねぎの横(サイド)に軽く切り込みを入れましょう。

切り落とさないように軽くで大丈夫です。

反対側も切り込みを入れましょう。

これは、最終的大きさにムラが出ないように入れておくものです。

やらなくても良いです。

2.まな板に置いて切り込みを入れる

玉ねぎを「まな板」に置きます。

この際、置く向きに注意しましょう。

写真の包丁で指している部分が、根っこの部分です。

根っこ部分を「自分の反対側」に向けて、まな板に置
きましょう。

包丁の持ち方は、「包丁の背」に人差し指を乗せ、残りの指で柄(グリップ)を握りましょう。

この際使う包丁は、「ペティナイフ」などの短いモノの方がやりやすいです。

指を切らないように抑える方の指は丸めましょう。

指が前に伸びてると指を切ります。注意です。

玉ねぎを最後まで切り落とさないように気を付けて、初めのうちはゆっくり切りましょう。

この際完全に切り落とさないよう、5ミリか1㎝位根っこ側を残すぐらいの感覚で切り込みを入れましょう。

端からできるだけ間隔を狭く、細かく切り込みをすると仕上がりが綺麗になります。

焦る必要もない、ゆっくり確実にやればええ。

半部で止めてみました。

右が切り込みを入れた側。

左がまだ切り込みを入れてない側です。

最後まで切り込みを入れます。

3.横に切り込みを入れる

今度は包丁の種類は大きめの方が作業しやすいと思います。

写真は「三徳包丁」です。

玉ねぎを「根っこ側」が自分の左側になるように玉ねぎを置いて切っていきます。

先程の縦切り込みに対し「横」に2、3回切り込みを入れましょう。

このように格子状になっていればOKです。

この幅を細かく入れれば綺麗に仕上がるが、最初は難しいだろうから、2~3回の切り込みでええで。

4.端から切っていく

先程の向きと同様、「根っこ側」が自分の左側になるように玉ねぎを置いて

切っていきます。

抑える方の手は「猫の手」にします。

中指の「第関2節部分」に包丁の刃の側面が当たるように持てば大丈夫です。

切る際に、「第関2節部分」より上に刃の部分を持ち上げなければ、まず指は切らないと思います。

前に押し出すように切りましょう。

切ったら少し左手を「左」にずらして、また切りましょう。

移動する際、包丁の側面は「第関2節部分」につけたままです。

指と包丁が離れた状態で切ると危ないので気を付けましょう。

焦らずゆっくりで確実に。

玉ねぎが持ちにくくなったら、一旦止め、

玉ねぎを倒します。

この頃には最初の切り込みが届いていない部分に達しているのでまた、切り込みを入れてから切っていきましょう。

端から「縦」に切り込みを入れて、

「横」に切り込みを入れ、

切っていきましょう。

これで完成です。

しかしもっと細かくしたい人や

最初の切り込みが、太くなってしまった人は、↓下の写真のように

刻んで細かくしましょう。

EX.細かく刻んでいく

包丁の先端の背の部分方を手で抑えて、包丁を動かして刻んでいきます。

ある程度切ったら広がったのをまとめて、また同じように刻んでいきましょう。

うまく切り込みが、入れられた人はこの作業は必要ありません。

これで「玉ねぎのみじん切り」完成です。

お疲れ様や。

まとめ

以上が「玉ねぎのみじん切りの方法」です。

「玉ねぎのみじん切り」は料理に関して言うなら、覚えておいて損はないです。

結構な頻度料理の際に出てきます。

元もこも無いが要はみじん切りは、最終的には細かければ、問題ない。

気軽にやってくれたまえ。

承知しました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました