旅行~in【石垣島】~

PENTAX DIGITAL CAMERA

こんにちは「らっこック」です。

このカテゴリーは旅好きな「らっこック」が旅行で行った、場所をまとめているページです。

基本的にはアニメやゲームの聖地だったり、ふと思いったって行ったような所ばかりです。

 

これから行こう!)(いつか行ってみたいなぁ)と思っている方は参考に。

(行ったことある!)(懐かしいなぁ)と思っている人は思い出してみたり。

そうでなくても、興味のある記事だと思ったらご一読していただけたら幸いです。

 

今回は記念すべき、旅カテゴリーの記事1回目ということなので、どこにしようか迷ったのですが、国内旅行で一番感動した石垣島】について書いていこうかと思います。

そもそもなぜ、石垣島に行こうと思ったのかというと。

「行ったことのない、遠くに行きたかったから!」

ほんとこれだけの理由です(笑)

時期的にも前の仕事を辞めて、今の仕事を始めるまでの準備期間で「正直行き詰ってた」もありますが(汗)

まぁそんなこんなで「もう遠くに行ってやる!」と思い立って以下の脳内方程式ができます↓

 

遠く=本州外&飛行機利用=北or南=どうせなら南国=沖縄

沖縄だとポピュラー(行ったことないけど)→グーグル先生で検索→石垣島がヒット→ええやん。ということで決定しました(笑)

 

そして、いざ石垣島へ

【石垣島】旅行

「石垣島空港」

日付は2013年10月末~5泊6日 行った方法は、航空機 羽田→那覇 乗り換え 那覇→石垣島です。そんなに道中は長く感じませんでした。

到着したら空港から市街地までバスで移動。

30分位で到着だった気がします。

ホテルにチェックインして観光開始です。

 

もうこの旅行に行ったのが結構前なので、詳しくは何したか覚えてませんが(汗)

写真はあるのでそれを見ながらダイジェストで思い出して行きたいと思います。

「石垣島の海」

石垣島について何より衝撃だったのが、海の綺麗さです。

ホントにきれいでした!!

石垣島の海って「すごい透明!!」と感じました。

後から分ったのですが、石垣島で訪れたバーのマスターに聞いたのですが

「透明に見えるのは、砂の種類が違うから」とのことでした。

石垣島の海の砂の違い

砂の種類が違うとは、底まで見えない海は砂が黒っぽい色をしている。

黒っぽい色をしてる砂は、小さな鉱物や石のかけらで構成されている。

逆に白い砂は、貝殻・サンゴの欠片で構成されているから色が白い。

黒い砂の海は太陽光を吸収してしまうから海が暗く、不透明に見える。

白い砂の海は太陽光を反射するから明るく、透明に見える。

納得!したのを覚えてます(笑)

よくよく考えれば、水は透明なんだからそうですよね。

 

 

「竹富島(たけとみじま)」

お次の写真は、石垣島から離れた離島。

正直、ここが一番のお気に入りでした!

のどかで伝統的な家屋が建っている、全てがきれいな場所でした!

「らっこック」1番のおすすめ離島です!

本当に素敵な場所だったので絶対また行く!(切望)

 

もう一つ離島行きました。

「波照間島(はてるまじま)」

ここは日本最南端の碑があるので見に行ってきました。

夜は南十字星が見えるとのことでしたが、時間の都合上それは見られなかったのを悔やんでいます。

ここは、原動機付自転車をレンタルして島をぐるっと一周した記憶があります。

 

とても、のどかな場所で道路にヤギがいたりします(笑)

「石垣島鍾乳洞」

最後の写真は石垣島鍾乳洞です。

20万年もの時をかけて自然が作り出した、石垣最大の鍾乳洞窟です。

意外に穴場みたいです。(2013年当時)

 

涼しくてとても、神秘的な場所でした。

結構おすすめです。

 

【まとめ&感想】

【石垣島】は本当にいいとこでした。

本当に一度行ってみてもいいと思います!

食事は撮ってないみたいなので写真はありませんが、石垣島はなかなかおいしかったものが多かったと思います。

具体的に食べたもの覚えているのは、ラフテー(豚の角煮)、モズクの天ぷら、シャコガイの刺身、長命草の天ぷら、八重山そば、タコライスetc...

特に、「モズクの天ぷら」が珍しくて頼んだら、とっても美味しくてバカみたいに毎日食べてた気がします(笑)

あと「シャコガイ」も初めて食べましたがコリコリしていて美味しかったです。(本州だとなかなか見かけない)

沖縄そばを食べたことがないから比べられませんが、「八重山そば」豚骨だしで以外にあっさりで美味しかったです。

沖縄料理はこのころ初めて食べたのですが、今となってはたまに無性に食べたくなる料理の一つです。

沖縄料理は「らっこック」的にはとても、おもしろいと思います。

同じ日本なのに和食とはまた違う感じもしますし、食材の使い方が独特だったり。

和食とはまた違った良さが、沖縄料理には感じられました。

ちょっと遠いので、なかなか簡単に行けそうにありませんが石垣島に関しては、食・文化・自

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました